2013年08月10日

「タイトルマッチ」岡嶋二人

元世界チャンピオンの息子が誘拐された。
要求は、「因縁の試合でノックアウトで勝つこと」。ネタばれあり。
   
【送料無料】タイトルマッチ [ 岡嶋二人 ]

【送料無料】タイトルマッチ [ 岡嶋二人 ]
価格:620円(税込、送料込)


岡嶋二人の作品は、「99%の誘拐」以来2冊目。
どちらも物足りなかった。

世界ジュニア・ウェルター級タイトルマッチの2日前、誘拐事件は起きた。
誘拐されたのは最上永吉の息子。

ジャクソンに負け、その後のアキレス腱負傷で引退した最上。
今度の試合は王者ジャクソンに義理の弟である琴川三郎が挑む。

限られた時間の中で、犯人を追う捜査陣。
そして誘拐と試合の二つに挑むジムの関係者たち。

犯人が現金を要求していないことから、容疑者確保のチャンスは少ない。
試合終了までに、息子を助け出すことはできるのか。

***** **** ***** ****

話は簡単なので、するすると読める。
スピード感があるか否かは読者の意見が分かれるところだろう。

ボクシング界の内情を描いた部分も足りない。
選手の特徴を描くこともできていない。

正直に言う。私は試合前日に犯人が分かってしまった。
何冊かの推理小説を読んでいる方なら、そう難しくはないはずだ。

似たエピソードは刑事ドラマ「太陽にほえろ!」にもあった。
こちらは誘拐されたのがレフェリーの息子。

判定になる可能性が高い試合で、一方の選手に有利な判定をするよう要求があった。
こちらのほうは、走り回った刑事たちの努力もあり事件は解決。

しかしレフェリーは、「犯人の要求を呑もうと思った」と語る。
それは、レフェリーを辞めるということだ。

***** **** ***** ****

もうひとつ、表紙について。私が読んだのは講談社文庫。
稚拙な絵を選択した意味がまったく理解できない。

少なくとも、「買いたい!」と思うような表紙にできないものか。
本を売るという基本的な姿勢に疑問を感じる。

***********************
関連記事

タイトルマッチ 岡嶋二人  

岡嶋二人の「タイトルマッチ」読了

タイトルマッチ(岡嶋二人)

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 09:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371560834
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック