2013年08月06日

「螢川/泥の河」宮本輝

久しぶりに「螢川」と「泥の河」を再読。
質の高さは色褪せていない。
 
【送料無料】螢川/泥の河改版 [ 宮本輝 ]

【送料無料】螢川/泥の河改版 [ 宮本輝 ]
価格:420円(税込、送料込)


「泥の河」

太宰治賞受賞作。舞台は昭和30年の大阪。
まだ戦後が生々しい時代。

食堂を営む両親とともに、安治川の河口近くで暮らす小学生の信雄。
上流から一艘の船がやって来る。

船で生活していたのは喜一とその姉。
そして母親の3人。母親は体を売って生活の糧としていた。

やがて喜一の乗っていた船は移動する。
お化け鯉がいることを喜一に知らせようとする信雄。

この作品、小栗康平監督の映画もよく知られている。
田村高廣の手品は印象深い場面。加賀まりこの演技も素晴らしかった。

もらった小銭を、縁日で落としてしまう場面。
蟹に火をつける場面など、白黒映画なのにとても鮮やか。

この作品は、人の死が背景に大きく関わっている。
馬で荷物を運ぶ途中で死んだ男。

ゴカイを採る際に行方不明になった老人。
戦後が色濃く残っていることから、「第3の新人」と重なる部分も多い。

「螢川」

芥川賞受賞作。
舞台は富山。主人公は14歳の竜夫。同級生の英子が気になる。

父親はタイヤを元に派手に稼いでいたものの、落ちぶれる。
そしてある日脳溢血で倒れ、糖尿病もあり衰え亡くなる。

父親の存在は、自伝的作品「流転の海」と同じ。
両作品を読んだ人ならすぐに分かる。

残された後妻の千代と竜夫。
「4月に大雪が降ると、蛍の大群が現れる」という銀蔵の話。

その蛍に人生を賭けてみようとする千代。
英子と銀蔵、母子の4人で蛍を見に行く。そこには多くの蛍がいた。

ここでも人の死が物語に大きく影響している。
父親と、英子を好きだった少年の死。
この二つの死は、生きている蛍の「生」と対極をなす。

***** **** ***** ****

再読すると、文学としてのバランスが素晴らしい。
「説明でなく描写」が素晴らしくできている。

「錦繍」もいいが、私は「螢川」こそ宮本の最高傑作だと思っている。
以前、タイ北部で蛍を久しぶりに見た際、この作品を思い出した。

今後も蛍といえば、この作品を思い出すに違いない。
いい作品は、読者の心に深い印象を残すもの。まさにこの作品がそうだ。

こうした作品たちを忘れない

これぞ哀切な情景を表現した日本文学!


***********************
関連記事

「泥の河」・「蛍川」 宮本輝  

「螢の川・泥の河」 宮本 輝

「螢川・泥の河」 宮本輝

「螢川 泥の河」(新潮文庫) 宮本輝

『泥の河』『蛍川』(宮本輝・著)読みました

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 08:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック