2013年09月02日

「終戦のローレライ」福井晴敏

1945年夏、日本の敗戦は確定的。
ドイツの秘密兵器「ローレライ」を回収すべく秘かに出航した潜水艦があった。
   

もともとフランス海軍所属だった潜水艦。
戦利品としてドイツに渡り、そのドイツも降伏。

元SS隊員エブナー少尉を含む乗組員とともに日本に渡る。
だが途中でアメリカ軍の潜水艦に追われた。

仕方なく秘密兵器「ローレライ」を五島列島沖に放棄。
日本で<伊507>となった潜水艦で、ローレライを回収に向かう。
   

ローレライはドイツの少女パウラが核となる人間レーダーだった。
艦長の絹見はじめとする<伊507>の乗組員は、海軍らしからぬ陣容。
米軍の潜水艦に妨害されながらもローレライを回収する。

次に向かう先は日本ではなく、日米両国から見捨てられたウェーク島。
そこで絹見に伝えられた命令とは。
その間にも米軍は広島と長崎に原爆を投下する。
   

ローレライを使い、アメリカ本土を奇襲するという無謀な作戦。
だが、それは浅倉大佐の仕掛けた罠だった。

合流地点で待っているのは日本海軍の残存部隊ではなく、米軍。
ローレライをアメリカ側に渡すというのが浅倉の狙い。
   

艦内では反乱が起きる。それを制圧して、テニアンに向かう<伊507>。
3発目の原爆が、東京に投下さわれるのを阻止すべく米海軍に挑む。

作品に紹介されている「椰子の実」はこれ。

 

とても長かった。
これほどの長編は、「1Q84」(村上春樹)以来ではないか。

前から気になっていた作品。いろいろ考えながら読んだため、1週間かかった。
「亡国のイージス」も未読なので、いつか読んでみたい。

戦争は、始めるのが簡単。しかし、終えるのが難しい。
アメリカはベトナム戦争で日本の教訓を生かしてほしかった。

日中戦争は「戦線不拡大」の方針に反して泥沼化していった。
軍人には戦争をやめることは難しい。

何故、戦争をやめさせられなかったか?

この作品、いくらでも突っ込むことはできる。
しかし、いくらそれらのマイナスを差し引いたとしても。
見事な力作であることに変わりはない。

私が気に入った登場人物は時岡軍医長。
田口に向かって「体に謝れ」という場面はいかにも時岡らしい。

私がケガをしたら、彼に診てもらいたい。
軍人らしくなく、潜水艦乗務員としても適格者ではないが、それがまたいい。

時岡だけではない。
出来のいい弟が自殺した絹見など、それぞれにドラマがある。

ひとつだけ苦言を。
潜水艦が潜行するのは「沈む」のではなく「潜る」と言う。

これは、「クジラの彼」で有川浩が書いている。
「沈む」は撃沈された時に使うので縁起が悪い。

この作品も、「右傾エンタメ」として批判されるのだろうか?
だとしたら私にはそうした考えが理解できない。どう考えても反戦の内容なのに。

***** **** ***** ****

この作品、「ローレライ」といて映画化された。
絹見は役所広司、折笠が妻夫木聡、木崎に柳葉敏郎というキャスト。
今のところ観るつもりはない。

***********************
関連記事

終戦のローレライ/福井晴敏  

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 13:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371164391
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。