2013年08月21日

「猫鳴り」沼田まほかる

先日の「ユリゴコロ」に続く、沼田まほかるの作品。
3部にわたる、赤トラ猫モンと人の物語。
   
【送料無料】猫鳴り [ 沼田まほかる ]

【送料無料】猫鳴り [ 沼田まほかる ]
価格:550円(税込、送料込)


タイトルの「猫鳴り」は、機嫌の良い時猫が発するゴロゴロのこと。
猫を飼ったことがある方ならよく知っているはず。

<第一部>

40歳にして思いがけず妊娠した信枝。
夫の藤治は喜ぶが、流産してしまう。深い喪失感が夫婦に残る。

そんな夫婦のところに、親とはぐれた子猫がやってくる。
信枝は捨てようとするが、結局飼うことに。

子猫を夫婦の近くに持ってきたのは、アヤメという少女。
あつかましいが、第二部でも登場する。

<第二部>

ここで出てくるのは、不登校の男子中学生。
母親は出て行ってしまった。

父親は作家志望で、息子の行雄に1日800円与える。
「ペンギンの代わり」として、父親は猫を与える。

ペンギンと名付けられたこの猫、行雄は世話を焼くが死んでしまう。
行雄はその後、どうしただろうか。

<第三部>

すでに信枝は病死。残された藤治は大工を引退している。
アヤメは結婚してこの地を去っていた。
老いたモンは、藤治と余生を過ごす。

この作品で思い出したのが、何度も紹介している「虹の橋」。

 

もうひとつが、「くずかごに頭を」。

 

橋の近くで、信枝はモンと藤治が来るのを待っている。
若い獣医師が言うように、老いての死は自然なこと。過剰に悲しむことではない。

***** **** ***** ****

この作品、猫を描いてはいるが大きなテーマは生と死。
ペットロスに苦しんだ経験がある方であれば、引き込まれたに違いない。

前にもブログで書いたが、ペットの最期を描くことに批判的な方がいる。
そうした考えはあって当然だが、死ぬこともまたペットの一部。
ペットの死を描くのは、私は当たり前のことだと考える。

***********************
関連記事

猫鳴り/沼田まほかる/双葉社  

沼田まほかる 「猫鳴り」

猫鳴り

猫鳴り 沼田まほかる

猫鳴り(沼田まほかる)

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 09:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370577548
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

沼田まほかる 「猫鳴り」
Excerpt: JUGEMテーマ:読書感想文     心に闇を持った人に対して癒しの天使のように    静かに見守る猫。 &..
Weblog: こみち
Tracked: 2013-08-21 22:31