2013年09月29日

「明日の空」貫井徳郎

貫井には珍しい青春物語かと思ったら叙述ミステリーだった。
軽く読める書き下ろし作品。貫井作品は「灰色の虹」以来。
   
【送料無料】明日の空 [ 貫井徳郎 ]

【送料無料】明日の空 [ 貫井徳郎 ]
価格:672円(税込、送料込)


PART1<In the high school>

主人公の栄美(エイミー)はアメリカ育ち。
高校3年で日本の高校に編入した。

同じクラスの飛鳥部が気になる。彼は勉強もでき、背も高い。
アメリカの暮らしに興味を持つ彼はエイミーをデートに誘う。

ところが、二人が会うのを誰かが妨害している。
やがて、飛鳥部は受験を理由に冷たくなる。

クラスには小金井という男もいた。
彼は、父親が大麻密売で逮捕されたことから、クラスメートたちに避けられていた。

PART2<At Roppongi>

主人公の大学生は、生きた英語を学ぶため六本木に立つ。
単なる親切ではなく、最後にはチップをねだる。

そこに現れたのは、アンディ。捨て猫の飼い主を探していた。
仕方なく彼の手伝いをすることに。この件がきっかけで、二人は一緒に行動する。

PART3<In the university>

大学生になったエイミー。
サークルに入るべく、いろいろと説明を受ける。

友達と一緒に検討していた、軽薄な先輩のいるサークル。
飲み会に行こうとしていたら、「危険だ」と山崎と名乗る男に止められる。

その後も、エイミーを追いかける先輩から守ってくれる山崎。
意外な話をすることですべての謎は解決。そういうことだったのか。

危険なサークルについては、「スーパーフリー事件」を思い出す。
似たことは今でもあるんだろうなあ。

***** **** ***** ****

叙述に騙された読者は多かったはず。
私もその中のひとり。最初、六本木の彼は飛鳥部だと思っていたくらい。

「灰色の虹」と比較しても、その薄さは際立っている。
しかも、未来に希望が残る結末。こうした作品を貫井は書きたかったのだろう。

ただ、設定がいかにも不自然。
「似た女性」を使うあたりは「嘘だあー」とつぶやいてしまった。
携帯電話のSIMカードを入れ替えるのも解せない。

山崎が言う「バトン」は、映画「ペイフォワード」を思い出す。
明日の天気は自分が決める。エイミーは誰にバトンを渡すのか。

今日まであなたが無事に生きてこられたのは。
誰かが守ってくれていたからかもしれない。

***********************
関連記事

貫井徳郎/「明日の空」/集英社刊

貫井徳郎『明日の空』

『明日の空』 貫井 徳郎著

「明日の空」 貫井徳郎

明日の空 【貫井 徳郎】  

読後感想 「明日の空」 V100

『 明日の空 』 貫井徳郎著

「明日の空」(貫井徳郎)

貫井徳郎「明日の空」読了。青春叙述ミステリの良作、面白かったですね。

『明日の空』貫井徳郎  

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 17:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368949394
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック