2013年07月16日

原発事故めぐり、菅元首相が安倍首相を提訴

福島原発事故で、海水注入は誰の指示だったのか。
菅元首相が安倍首相を提訴するということとなった。
   

菅元首相が安倍首相を提訴 原発事故めぐり「メルマガで中傷記事」(MSN産経ニュース)

安倍晋三首相が「菅総理の海水注入指示はでっち上げ」というメールマガジンを配信。
これについて菅直人が噛みついた。「中傷記事」だとして提訴に踏み切った。

これがそのメルマガ。
『菅総理の海水注入指示はでっち上げ』
最終変更日時 2011年5月20日

福島第一原発問題で菅首相の唯一の英断と言われている「3月12日の海水注入の指示。」が、実は全くのでっち上げである事が明らかになりました。

複数の関係者の証言によると、事実は次の通りです。

12日19時04分に海水注入を開始。
同時に官邸に報告したところ、菅総理が「俺は聞いていない!」と激怒。
官邸から東電への電話で、19時25分海水注入を中断。
実務者、識者の説得で20時20分注入再会。

実際は、東電はマニュアル通り淡水が切れた後、海水を注入しようと考えており、実行した。
しかし、 やっと始まった海水注入を止めたのは、何と菅総理その人だったのです。

この事実を糊塗する為最初の注入を『試験注入』として、止めてしまった事をごまかし、そしてなんと海水注入を菅総理の英断とのウソを側近は新聞・テレビにばらまいたのです。

これが真実です。

菅総理は間違った判断と嘘について国民に謝罪し直ちに辞任すべきです。
「20時20分注入再会」は「注入再開」ではないかと思う。

菅直人公式ブログでは、以下のように述べている。

安倍総理を名誉棄損で提訴

当時から、海水注入の指示がどうだったのか。
先日も、がんで亡くなった吉田昌郎氏(福島原発の元所長)に関連してこの件について書いた。

福島原発元所長、吉田氏亡くなる

吉田昌郎(福島第一原発元所長)を英雄視する危険

今回の件で、ひとつはっきりしている点。
それは、政治家が福島原発事故の責任を取っていないということ。

加えて、事故の総括を避けているとしか解釈できない点。
この国に、原子力を制御することができる政治家はいなかった。

醜い政治家の争いより、原発事故の総括を!

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 16:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

菅氏、安倍氏を名誉棄損で提訴 原発事故対応のメルマガ巡り
Excerpt: 民主党の菅直人元首相は2013年7月16日、国会内で記者会見
Weblog: ネット社会、その光と影を追うー
Tracked: 2013-07-18 23:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。