2013年05月13日

高速増殖炉もんじゅ、停止命令へ

高速増殖炉「もんじゅ」が、1万個近い機器の点検不備により停止となるようだ。
原子力規制委員会がついに決断を下すか。
   

もんじゅ、無期限の停止命令へ 機器1万個の点検放置で(asahi.com)

規制委、もんじゅ運転再開認めず 安全管理で違反(日本経済新聞)

もんじゅは、福井県にある高速増殖炉。
開発と建設などで1兆円かかっているものの、ほとんど稼動していない。

94年に40%の試運転が行われた。
95年8月に送電を開始したものの、12月にナトリウム漏れ事故を起こした。

2010年に再稼動したものの、すぐに核燃料交換装置が落下。
またも運転停止に追い込まれた。

今回の機器点検不備は重い意味を持っている。
非常用ディーゼル発電機すら使えるかどうか点検できていなかった。

福島原発事故では、原発が無電源になることで制御できなくなった。
それを考えれば、現場は何をしていたのかまったく理解に苦しむ。

運転していなくても、維持費は1日5500万円以上コストがかかるというもんじゅ。
この費用は、結局電気代に上乗せされるのだろうか。

もんじゅとは、知恵をつかさどる神のこと。
人間の知恵が足りないという皮肉を証明しているのかこの名前は。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




posted by りゅうちゃんミストラル at 12:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

もんじゅ運転再開禁止命令決定
Excerpt: <もんじゅ点検漏れ>再開準備見合わせ命令 原子力規制委  原子力規制委員会は15日、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)で約1万個の機器の点検漏れがあったことを重視し、運営元の日本原子力研究開発機..
Weblog: zara's voice recorder
Tracked: 2013-05-16 18:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。