2013年05月01日

「ほのかなひかり」森浩美

家族を描いた連作短編集。
森らしく、どこかに救いがある。
   
【送料無料】ほのかなひかり [ 森浩美 ]

【送料無料】ほのかなひかり [ 森浩美 ]
価格:1,575円(税込、送料込)


今まで森作品は、長編の「夏を拾いに」。
短編集の「家族の言い訳」と「こちらの事情」を読んできた。

***** **** ***** ****

「聖夜のメール」

夫を事故で失い、息子と二人暮しの未亡人。
クリスマスにメールが届く。

欠損家族を描いた作品。
結末がわかっていても、こうした話を読みたい。

「想い出バトン」

定年が近い父親は、パソコン教室に通う。
娘は結婚が決まっている。

カニ鍋に婚約者を呼ぶ父。娘の映像をまとめたDVDを渡す。
このために教室へ通っていた父。

父親としてお手本のような行い。
どれだけの人が、同じ行動をできるだろう。

「噛み合わせ」

結婚願望があるものの、仕事に生きる女性が主人公。
プレゼン前日、歯が痛くて職場近くの歯科医に行く。

歯科医は元彼だった。なぜ彼は別れようと言い出したのか。
2歳の娘とはうまくいくか。

「リリーフはいない」

若い部下が「辞めたい」と申し出る。
40歳の部下と3人で、野球観戦することに。

この適当部長、計算しているのか。
それともただ単に天然なのか。

「じゃあまたな」

主人公の専務は、下請けの会社を切ると通告する。
その下請けは、専務がかつて世話になっていた所。
しかもそこの社長は先輩だった。

不況の中、似たことを強いられた人は結構いたはず。
生きるって厳しいなあ。

「ワイシャツの裏表」

旦那が浮気しているらしい。
それを友人に相談すると、携帯の履歴を見るよう言われる。

言われたとおり、夫の携帯を見るとやはり浮気していた。
夫になりきって、ニセメールを使い浮気相手と会うことに。

「褒め屋」

OLからインテリア関係の会社に転職した女。
仕事で頑張りが認められるが、人間関係はギスギスしていた。

男とも別れた彼女。酔って「褒め屋万年堂」に依頼する。
次の日、与田という年下の男と待ち合わせることに。

「トイレットペーパーの芯」

娘と息子が結婚して、妻と二人の生活をする男。
そこに娘が帰ってきて、妊娠したという。
実家を二世帯住宅にして同居しようと持ちかける。

***** **** ***** ****

森の短編は、いくつか読むとパターンが分かる。
それでも読者に読ませる力量はたいしたもの。

***********************
関連記事

ほのかなひかり/森 浩美  

vol.125-142 『ほのかなひかり』 森浩美

読書感想★『ほのかなひかり/森 浩美』

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 10:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/355991120
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。