2013年04月18日

「スリープ」乾くるみ

睡眠から目覚めた少女。そこは30年後の2036年だった。
この記事ネタばれあり。
   
【送料無料】スリープ [ 乾くるみ ]

【送料無料】スリープ [ 乾くるみ ]
価格:620円(税込、送料込)


乾くるみの作品は、「リピート」と「イニシエーション・ラブ」を読んだ。

始まりは2006年。
14歳の中学生レポーター、羽鳥亜里沙は「科学のちから」に出演。人気があった。

番組の取材で、ある研究所に行く。
そこは、人間の冷凍睡眠を可能にしていた。
八田所長の意味不明な判断で、長い眠りに入った亜里沙。

そして2036年の日本。
大統領制で1万円札には昭和天皇の肖像。

5千円札は豊臣秀吉、千円札は上杉鷹山だった。
天皇制はどうなったのか。

憲法は改正され、自衛隊が軍になった。
1ドルは40円という円高。アベノミクスはどうなった?

ノーベル賞受賞者になった44歳の戸松と隠匿生活に入る亜里沙。
覚醒は上手くいったかに見えたが、段々と体調が悪化する。

***** **** ***** ****

この作品は、2010年に出ている。つまり東日本大震災の前。
作品では大きな地震が2回起き、多くの犠牲者が出ている。

もし、テーマが人体の冷凍保存でなければ。
原発の危険性にもっと踏み込んでいたら、もっと作品は注目されただろう。

作品に出てくるバロベルデ原発は、アリゾナ州に実在する。
話の中では2015年にテロ事件が起きることになっている。
実際は、別のことで問題視された。気になる人は検索すべし。

冷凍睡眠については、「夏への扉」(ハインライン)が有名。
日本でも、「モルフェウスの領域」(海堂尊)で扱われている。

途中から亜里沙が二人出てくるのは何故か。まるでパラレルワールド。
作者が「捻り」を見せたところは工夫がある。

細かいことだが、軍の階級に疑問あり。
少佐と一尉というのがいるのはおかしくないか。
「少佐と少尉」又は「一尉と三佐」が正しいのではないか。

***********************
関連記事

「スリープ」乾くるみ  

目覚めると・・・

乾くるみ/「スリープ」/角川春樹事務所刊

「スリープ」乾くるみ

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 07:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

目覚めると・・・
Excerpt:
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2013-04-18 23:40

乾くるみ/「スリープ」/角川春樹事務所刊
Excerpt: 乾くるみさんの「スリープ」。 2006年1月29日6時に始まった<科学のちから>という、中学生がレポーター役を務める 科学情報番組が、同番組の人気レポーターだった羽鳥亜里沙の最後のテレビ出演..
Weblog: ミステリ読書録
Tracked: 2013-04-23 22:03

スリープ/乾くるみ
Excerpt: 今度は30年後の未来です。 もう乾くるみの名刺代わりにもなっている『驚愕』 今回も帯にはその文字が連発。 冷凍保存によって目が覚めた時には30年後に。 知能明晰な女の子のSFな体験のお話。..
Weblog: 本と映画、ときどき日常
Tracked: 2014-03-26 11:07