2013年04月17日

水俣病、最高裁判決と国の姿勢

水銀の垂れ流しによる公害病、水俣病に関する最高裁判決が16日に出た。
大阪高裁判決は破棄、差し戻しという判断。
   

水俣病最高裁判決 支援者ら喜び(読売新聞)  

新聞各社は社説でこの判決について書いている。
多くは国の姿勢について厳しく批判。

水俣病訴訟 根本解決にはまだ遠い(東京新聞)

水俣病認定判決 争いの終結はなお見えない(4月17日付・読売社説)  

確かに最高裁の判断は一歩前進した。
しかし患者の多くは亡くなり、遺族も高齢化が進んでいる。

 

水俣病であるか否か、それを決める基準は77年に出た。
いわゆる「77年基準」がそれだ。

この基準は厳しいため、「患者の切捨て」という批判が絶えない。
今回の最高裁判決は、この基準が実質間違いであるという点が画期的。

水俣病に関する国の姿勢は明らか。それは、「適正な基準作り」などではない。
「どうしたら国に支出を減らせるか」という点が主なのは明らか。

その後も「政治決着」で、低い金額を支払うことで逃げようとする国の姿勢。
この国の本質がよくわかる事件だ。

今後も裁判は続く。
結果として「裁判には勝ったものの、患者はすべて死亡」という結果にならないか。

国はこの状況を真摯に反省し、患者にできるだけのことを行うべき。
今こそ国の姿勢が問われている。

国は患者を切り捨てるな!

「時間切れ」を待ち、逃げることは許されない


*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。




ラベル:水俣病 最高裁
posted by りゅうちゃんミストラル at 14:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。