2013年03月12日

「袋小路の男」絲山秋子

沖で待つ」で芥川賞作家となった絲山秋子。
受賞以前に書かれた3つの短編を収録。
   
【送料無料】袋小路の男 [ 絲山秋子 ]

【送料無料】袋小路の男 [ 絲山秋子 ]
価格:420円(税込、送料込)


「袋小路の男」

主人公は片想いする女性。
相手は高校の先輩で、勉強はできるが何故か二浪する。

自称作家の先輩だが、新人賞の佳作1回きりでぱっとしない。
現時はジャズバーでのバイトで生活。

二人が恋人になることはなく、片想いはそのまま。
そればかりか彼女の名前さえ覚えようとはしない。
約束しても忘れられてしまうくらい身勝手。

「小田切孝の言い分」

今度は小田切の考えを含め、三人称で描かれている。
ここで、女性の名前が大谷日向子だと初めて出てくる。

日向子は上司の前原と寝る。
避妊に失敗して小田切の車で中絶するため病院へ向かう。

同志でもない関係がよく続くものだ。
非婚時代にありがちなのか。

「アーリオオーリオ」

40の独身男、哲は清掃工場勤務。
星が好きで、高校時代の友人の車で天文台に通う。

ある日、中学3年の姪(兄の娘)とプラネタリウムに行く。
その後、イタリアンレストランで食事。哲は毎日のようにパスタを食べていた。

メールはしない哲は姪と文通を始める。
ところが兄から、姪が受験生だということで文通を禁止される。

オリオン座の一等星、ベテルギウスが消滅してしまうかもしれない話。
これはあちこちでちょっとした話題となった。

手紙で哲が書いていたように、すでに消滅してしまっているのかもしれない。
だとすれば、我々は過去の光を見ているということ。

逆に、消滅は100年後かもしれない。
星の寿命は、人に比べてとても長いもの。

***** ***** ***** *****

作家がどのような軌跡を描いてきたか。
こうした作品たちを読むのは意味がある。

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 07:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/343796531
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。