2013年03月08日

「夜回り先生いじめを断つ」水谷修

「夜回り先生」こと水谷修氏が、いじめについて語った本。
思い切った提言を行っている。
   

大津市のいじめ自殺が記憶に新しい。
水谷氏はまず、いじめの定義について不明確だと語る。

では何故いじめがなくならないか。
人権擁護局への通報をしないからだと水谷氏は述べる。

私は人権擁護局についての知識がないので賛成も反対もしない。
ただ、恐喝など警察に通報するのは大いに賛成。

定時制高校で起きた50万円恐喝事件は酷いケース。
警察の介入に対して、同僚教師が批判したのは私も理解できない。

学校に警察を入れることを躊躇することで「聖域化」すれば。
事件を解決できないばかりか、今後に悪影響を残す。

さらに、ゆとり教育の失敗。責任を取らない教員を批判する。
「目力」のない子、自分で考えない子どもについても語る。

「人を嫌う権利」については、書きにくいことをよく書いた。
批判はあるだろうが、学校教育を語る上で避けては通れない。

平成21年のデータで、不登校の小中学生は12万2400人いたという。
こうした子たちは、「自殺予備軍」でもある。

07年カナダで起きたいじめ撲滅運動「ピンクシャツデー」は知らなかった。
こんな記事が検索で見つかる。

ピンクのシャツ着ていじめをなくそう!
カナダ発、いじめストップ!運動「ピンクシャツデー」


日本にも、同様の運動が必要。
この本を読んで、そう感じた人は多いはず。

***** ***** ***** *****

私は何度か水谷氏の講演を聴いたことがある。
会場はいつも満員だった。

母親が来ている会場で、彼はこう問いかける。
子どもを「ほめる」のと「しかる」回数は、どちらが多いか。
多くの家庭で、「しかる」(または「けなす」)ほうが多いのではないか。

父親は、家で上司や同僚の愚痴をこぼす。
そして母親に、「どうしてお前はこんなまずい食事しか作れないんだ!」と言い放つ。

母親は子どもに、「どうしてお前はこんな点数しか取れないんだ!」と言い放つ。
そうした中で、子どもはまっすぐに育つだろうか?

***** ***** ***** *****

大阪市で起きた、桜宮高校での体罰自殺事件。
水谷氏なら、どう提言するか。

追記

もし、いじめ被害を受けた場合。
私は「逃げていい」「学校に行かなくていい」と述べてきた。

水谷氏はこうした意見をこの本で無責任と批判。
「怒りすら覚えます」(P128)と述べている。戦えということだ。

彼は多くの事例を経験した上で結論を出している。
その意味では尊重すべき。

だがその反面、「自分で考えない」という点も述べている。
「〇〇が本で書いていた」を鵜呑みにしない姿勢は大切。

一時的に緊急避難する「逃げ」は必要なのではないか。
この件は、継続して考えたい。

***********************
関連記事

読書の秋に「夜回り先生 いじめを断つ」を読む

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック