2013年03月08日

「偶然の祝福」小川洋子

作家の女性が主人公の、連作短編集。
喪失感が読んだ後も残る、小川ワールド炸裂の一冊。
   

失踪した伯母。
どこかに失踪した人たちが集まる国があるのかもしれない。

スイマーとして期待された弟。
ジュニア記録を持つほどの選手だったが・・・・

お手伝いさんのキリコさんは、なくした物をどうにかする達人。
リコーダーを新たに作る展開は予想外だった。

どう見ても年上なのに、「あなたの弟」というストーカー男。
主人公が出したすべての作品を読み、気味の悪い手紙をよこす。

私小説のようでいて、現実とは離れた世界。
こうした本を出す小川洋子は作家として只者ではない。

私が読んだのは、角川文庫。解説は、川上弘美。
彼女も同じように異質な世界を描ける作家。
川上が推薦する「ホテル・アイリス」を読んでみたい。

 読書のページ(書評)

***********************
関連記事

偶然の祝福 | 小川 洋子

『偶然の祝福』 小川洋子  

書評40:小川洋子『偶然の祝福』

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 15:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/343347232
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。