2013年04月01日

「家族の言い訳」森浩美

作詞家として知られた森。
こちらの事情」と同じく、家族を描いた珠玉の短編集。
   
【送料無料】家族の言い訳 [ 森浩美 ]

【送料無料】家族の言い訳 [ 森浩美 ]
価格:630円(税込、送料込)


「ホタルの熱」

6歳の息子、駿と電車で旅をする母親。ところが、息子が発熱し途中下車。
息子を医者に診せて民宿に泊まる。

実は夫が失踪し、絶望した母親は死ぬつもりだった。
民宿の女将は親切にしてくれ、家族のことを話し始める。
この宿からはホタルが見えた。

マイナスとマイナスでプラスになる。
数学は、人にも通用するものなのか。

私のイメージでは、下車したのは湯河原。
相模湾に面して温泉があるし、駅前のロータリーもイメージ通り。

「乾いた声でも」

由季子の夫がクモ膜下出血で急死した。
海外出張していた先輩の武井が線香をあげに来る。

すれ違いの夫婦とカーナビを重ねるところがアイデアとして新鮮。
まだ間に合う人は、家族と話し合うべき。

「星空への寄り道」

会社を片付け終えた男は、帰宅のためタクシーに乗る。
運転手に火のついたタバコの投げ捨てを注意される。

名言は「地獄というのは、人の心の中だけにあるものなのではないでしょうか」の部分。
この運転手は厳しい現実があっただけに言うことが深い。

「カレーの匂い」

女性向け雑誌の副編集長をしている敏腕の檜山。
雨宿りしていると、元ライターの女性に出会う。

仕事か家庭か。
女性の選択は厳しいものがある。

檜山の母親が言う、「全部勝とうとするから棘が出る」というのは名言。
全部勝てる能力がある檜山はすごいけど、人を寄せ付けない。

「柿の代わり」

女子高の教師をしている吉村の妻は元教え子。
離婚を切り出されている。

考え事をしていると、警察から電話が入る。
今の教え子が万引きしたという。

生理を万引きの言い訳にする生徒。
盗んだリップクリームも使わず捨てる。反省なし。

柿を盗み食いした吉村とは時代が違う。
この話はやや消化不良。将来への希望も感じない。

「おかあちゃんの口紅」

税理士の男は、母親の精密検査の結果を聞くため妻と田舎へ。
妻に、昔話をする母親。

少年時代、同じクラスだった明紀。彼の母親は若く美しかった。
考えた末、少年はビンを集めた金で口紅を買う。
それは、母にとっての宝物だった。

田舎と明紀の家庭は、「夏を拾いに」そのまま。
母親同士を比べた経験は、私にもある。

「イブのクレヨン」

サラリーマンからイラストレーターになった男。
娘のエリカは血のつながりがない。

いつもは楽しくないクリスマスに、妻はプレゼントを用意していた。
よくできているけど、出来すぎに感じるのは私が素直でないからか。

「粉雪のキャッチボール」

軽井沢のホテルで支配人をしていた父が引退する。
主人公の息子は呼ばれて宿泊する。

従業員の中村君、まるでドラマ「ホテル」の赤川一平みたい。
冬の寒さが厳しい中、キャッチボールは父子とも忘れないだろう。

***** ***** ***** *****

各エピソードは短い。
物足りなさを感じた読者もいただろう。

短い分、説明が多い。
しかし、登場人物の心理描写はしっかりしている。
作品が支持されるのは、描写が読者に受け入れられるからだ。

 読書のページ(書評)

***********************
関連記事

【家族の言い訳】 森浩美

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 07:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/323935487
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック