2013年02月22日

「イン・ザ・プール」奥田英朗

どう見てもデタラメな医者が珍しい症例にどう対応するか。
エピソードによっては他人事とは思えない内容だった。
   
イン・ザ・プール 【DVD】

イン・ザ・プール 【DVD】
価格:3,761円(税込、送料別)


「イン・ザ・プール」

患者は38歳の和雄。
ストレスからくる体調不良で悩んでいた。

運動しようと思い、プールでひたすら泳ぐ。
500メートルが1キロに。そして2キロになる。

慢性の下痢に悩む患者が、果たして泳ぐことを選ぶだろうか。
私ならウォーキングにするな、きっと。

「勃ちっぱなし」

患者は38歳の哲也。持続性勃起症。
これ、女性には理解しにくいだろうなあ。

結構男は性的な部分でデリケートだったりする。
ホントだよ。

「コンパニオン」

患者は広美。誰かに見られていると訴える。
結構人は自分を見ているようでいて見ていない。
逆もまたあったりするから面倒なんだけど。

「フレンズ」

患者は高2の雄太。かなりの携帯中毒。
人は便利なものを世に送り出すが、なかなか使いこなせない。
逆に「機械に使われている」人も多いだろう。

「いてもたっても」

患者はルポライターの義雄。
タバコの火を消したかどうかが気になり、家を出られなくなる。

これは私も経験あり。
2回戻って「こんなことしていたら外出なんてできない」と思ったことすらある。

路上詩人が覚醒剤の密売人だったり、病院長が注射器を不法投棄するのは笑った。
その度に「ルポライター執念の追跡」とか書かれるのは何とも皮肉。

***** ***** ***** *****

こうした本を読むと、異常と正常の違いについて考えてしまう。
不定愁訴外来の田口講師なら、どう解決するんだろうか。

アマゾンで高評価ばかりだったが、慣れるとそれほど面白くもない。
直木賞受賞作の続編「空中ブランコ」があるので読んでみよう。
   
【送料無料】空中ブランコ [ 奥田英朗 ]

【送料無料】空中ブランコ [ 奥田英朗 ]
価格:530円(税込、送料込)


 読書のページ(書評)

***********************
関連記事

奥田英朗:「イン・ザ・プール」  

「イン・ザ・プール」奥田英朗

奥田英朗『イン・ザ・プール』

イン・ザ・プール 奥田英朗

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 17:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

奥田英朗『イン・ザ・プール』
Excerpt: イン・ザ・プール文芸春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、奥田英朗『イン・ザ・プール』を紹介します。本書は、患者よりも変で無邪気な精神科医伊良部一郎と変な症状で悩める患者との話である。患者よりも変わ..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2013-03-23 03:40