2013年02月04日

「僕の好きな人が、よく眠れますように」中村航

若くして結婚した後、最愛の人と出会ったら。
不倫を中村が描くとこうなる。
   

主人公は大学院2年の山田。
彼のいる教室に、北海道から斉藤恵が1年限定で参加する。
恵と山田は互いに惹かれあう。だが恵は北の地に夫がいた。

今まで中村航の作品は、「100回泣くこと」、「あのとき始まったことのすべて」を読んだ。
不倫を描くのは初めてか。

山田はバイトで知り合った年上の木戸の家へ行く。
「握手して別れろ」とアドバイス。

「恋は寸止めが美しい」
「この世は、マグレと気まぐれしかない」など、山田に語る。

クラプトン「レイラ」。久しぶりに聴いた。

 

二人とも、一度は別れようとするができない。
夫には内緒で逢瀬を重ねる二人。

***** ***** ***** *****

感情移入できるかどうかは、読者の恋愛経験しだい。
私は冷めた目で読んだ。

芝浦工大を出た中村。山田は中村の分身だ。
彼にも似た経験があったのか。

二人がどうなったかは描かれていない。
それはそれで構わない。

だが、読者の感じるカタルシスは不足しているんじゃないか。
恵の夫がどこかで不倫に気がつくとか、いくらでも盛り上げようはあった。
正直、私には物足りない作品。

 読書のページ(書評)

***********************
関連記事

『僕の好きな人が、よく眠れますように』中村航 を読んで  

「僕の好きな人が、よく眠れますように」中村航

「僕の好きな人が、よく眠れますように」 中村航

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 06:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/318198824
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。