2013年02月08日

「天地明察」冲方丁

暦のずれを修正すべく、奮闘した男の話。
かなりの秀作。2010年本屋大賞に選ばれるだけのことはある。
  
【送料無料】天地明察 [ 冲方丁 ]

【送料無料】天地明察 [ 冲方丁 ]
価格:1,890円(税込、送料込)


主人公は安井算哲の名で囲碁棋士の渋川春海
算術(数学)や測地にも詳しい。

幕府の命により、日本各地で北極星の観測を行う。
この旅に1年以上を費やした。その後、暦の作成に打ち込む。

読んでいて思い出したのは「博士の愛した数式」(小川洋子)。
そして「かのように」(森鴎外)。

晴海はもちろん、関孝和も実在の人物。
だが家が断絶したこともあり、関についての情報は乏しい。

というわけで、作者による想像でこの物語は成り立っている。
両者は同い年という設定だが、関の生年は定かでない。

そればかりか出生地が群馬なのか江戸なのかすら説が分かれる。
八高線の群馬藤岡に行くと、彼は「群馬の人」として認知されている。

関といえば円周率の計算で知られる。
正多角形を用いる計算方法で16桁まで出した。

彼の活躍ぶりは中学の時、数学の教科書で紹介されていた。
私は数学は苦手だが、関の名前はよく覚えている。

度重なる挫折を乗り越え、暦の修正に挑む春海。
仲間にも恵まれ、ついに念願がかなう。

「その時歴史が動いた」を思い出す感動。
松平アナの声が聞こえてくるようだ。

私は歴史小説が苦手。
宮部みゆきの作品でも未読が何冊かある。
だが、この内容なら難なく読めた。

冲方丁といえば、「光圀伝」。
   
【送料無料】光圀伝 [ 冲方丁 ]

【送料無料】光圀伝 [ 冲方丁 ]
価格:1,995円(税込、送料込)


図書館で予約待ちが多数の状態。
読むにはもう少し先になるだろう。

 読書のページ(書評)

***********************
関連記事

「天地明察」冲方丁  

天地明察/冲方 丁

「天地明察」冲方丁

天地明察/冲方丁

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 16:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/317837728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

[90文学]天地明察/冲方丁
Excerpt: 『天地明察』を読んだよ。一生を掛けた仕事。 昨今、映画化された本書。単行本が出た当時から気になってはいたんだけど、500頁近い分量にちょっと手が出ない感じだった。で、文庫版も出て、単行本も借り時にな..
Weblog: 活字中毒者地獄のりす蔵
Tracked: 2013-02-11 06:58

『天地明察(上)』冲方丁
Excerpt: 冲方丁著『天地明察(上)』角川文庫、を読みました。 安井算哲こと渋川春海が、暦作りに挑む前の話が上巻です。 安井算哲としての囲碁の世界では、本因坊道策が出てきます。島根県出身の囲碁の名人です。 渋川..
Weblog: あれこれ随想記 
Tracked: 2014-09-24 22:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。