2013年01月27日

「切羽へ」井上荒野

個人情報が漏れまくりの小さな島で生活する主人公の女性。
直木賞受賞作。
   
【送料無料】切羽へ [ 井上荒野 ]

【送料無料】切羽へ [ 井上荒野 ]
価格:452円(税込、送料込)


麻生セイは、島の小学校で養護教諭をしている。
3つ年上の夫は画家。

狭い世界なので、すぐに噂が広がる。
一人暮らしの老婆、しずかは麻生家のことを見たかのように知る。

そこに本土から石和という男性教師が島にやってくる。
セイは、彼のことが気になる。

同僚教師の月江は、奔放な性格で知られる。
妻帯者の「本土さん」との関係が続く。やがて、石和を巻き込んだ三角関係に。

女性作家だが、作品の根底には性がある。
川端康成とはまったく違った性の表現がとても新鮮。

一見平和な島の生活。しかし内情はドロドロ。
文学が「人とは何か」をテーマとするなら、この作品はまさしく文学している。

読んでいると、「これは直木賞ではなく芥川賞では?」と疑問が生じた。
最近の芥川賞受賞作と比較しても、違いはほとんどないのでは。

井上作品は今まで何冊か読んだ。
映画化された「つやのよる」を読むかどうか考えよう。
   
【送料無料】つやのよる [ 井上荒野 ]

【送料無料】つやのよる [ 井上荒野 ]
価格:1,575円(税込、送料別)


読書のページ(書評)

***********************
関連記事

『切羽へ』/井上荒野  

切羽へ | 井上 荒野

「切羽へ」井上荒野

井上荒野の「切羽へ」を読んだ!  

切羽へ 〔井上 荒野〕

「切羽へ」「ベーコン」井上荒野 感想

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 07:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/316238033
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック