2013年02月02日

「インシテミル」米澤穂信

時給11万円と破格の報酬で「実験」に参加した人たちの7日間。
正直、私には物足りなかった。この記事、ネタばれあり。
   
【送料無料】インシテミル [ 米澤穂信 ]

【送料無料】インシテミル [ 米澤穂信 ]
価格:720円(税込、送料込)


暗鬼館に集まったのは12人。
参加者たちは、どこかで誰かとつながっている。

主人公の結城は大学生。コンビニで手にした情報誌で、この実験を知る。
車が欲しくて参加した。

閉ざされた地下には、参加者たちに個室が与えられた。
だが、部屋に鍵はかけられない。

しかも館内は防音のため、他人が侵入しても気がつかない。
夜間は自室にいることが決められ、ガードが巡回。

夜中に3回ガードの警告を受けると、次は射殺される。
どこかに出口があり、脱出した時点で実験は終わり。

食事は人の手を介さず供給される。
洋風の建物なのに、何故か和食が多い。

何故ここにいるだけで、多額の報酬が得られるのか。
それは、参加者が次々と殺されることで明らかになる。

***** ***** ***** *****

どうやら日本人は殺し合いが好きなようだ。
この作品、「バトルロワイヤル」に推理小説の要素を加えたようなもの。

登場人物に感情移入しなかったし、「先生の教え」もくだらない。
どうしてこの作品を高く評価できるのか。私には理解できない。

参加者に与えられた武器が、有名な推理小説につながっているのも私には退屈なだけ。
結局、「金を稼ぎたければ人を殺せ」ということなのか。とても気持ちが悪い。

須和名の正体は、容易に予測できた。彼女の参加は意味があるのか。
関水の自殺を予感させるのも賛成しかねる。

私にとっては初めての米澤作品。
今後読むかといえば、優先順位はとても低い。残念。

***********************
関連記事

「インシテミル」(米澤穂信著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)  

↑この作品に関する詳しい記事。参考になった。

米澤穂信 「インシテミル」

インシテミル (米澤 穂信)

インシテミル/米澤穂信  

もっと驚かせてほしかったのに〜米澤穂信『インシテミル』

インシテミル / 米澤穂信

【書評】『インシテミル』米澤穂信

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 07:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/313886404
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

インシテミル / 米澤穂信
Excerpt: 抜粋 バイト雑誌を立ち読みしていたビンボー大学生・結城は、 ひとりの少女から声をかけられて……。 この夏、鮮烈なミステリーがはじまる 時給112..
Weblog: ねこやま
Tracked: 2013-02-03 20:03

米澤穂信 「インシテミル」
Excerpt: http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167773700 【あらすじ】 「ある人文科学的実験の被験者」に..
Weblog: 映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。
Tracked: 2013-02-07 11:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。