2013年02月14日

「月の上の観覧車」荻原浩

明日の記憶」で知られる荻原の短編集。
地味だが内容が濃く、じっくりと読んだ。
   
【送料無料】月の上の観覧車 [ 荻原浩 ]

【送料無料】月の上の観覧車 [ 荻原浩 ]
価格:1,575円(税込、送料込)


「トンネル鏡」

日本海にある実家と東京を往復する主人公の男。
トンネルが多い区間。

大学を出て、結婚し、母を東京へ呼んで同居する。
しかし嫁との仲が悪く、母は元の家に戻る。

人の半生を効果的に描写した作品。作者の力量がよくわかる。
冒頭のトンネルについては「海岸列車」(宮本輝)を思い出した。

「金魚」

妻の七恵を喪い、精神神経科に通う男。
祭りで少女から金魚を渡される。

いつ、この主人公と同じ境遇になるかわからない。
そう考えると恐ろしい。

「上海租界の魔術師」

93で亡くなった祖父はマジシャンだった。
孫の要は不登校になる。

祖父のトランクを継承する要。
彼にも上海で恋愛の思い出があった。

「レシピ」

夫が定年退職する。
最後の出勤日、妻の里瑠子は、精一杯のご馳走を作る。

世の旦那方、悪いことは言わない。たまには奥さんの料理を褒めなよ。
「自分は口下手だから」は言い訳にはならない。

「胡瓜の馬」

盆休み、田舎で同窓会に出た男。
過去と現在が交錯し、話に奥行きが出ている。
お盆の牛と馬は、「くちぶえ番長」(重松清)でも出てきた。

「チョコチップミントをダブルで」

康介は妻と別れ、娘と会うのも年一回だけ。
ディズニーシーに行くため予習する。

ところが娘の希望は近場の遊園地。
父と子はそこでアイスを食べる。

「ゴミ屋敷モノクローム」

渡辺は市の生活環境課職員。
苦情のあったゴミ屋敷に住む老婆と交渉する。
老婆に何があったのか。読者に考えさせる作品。

「月の上の観覧車」

夜、営業が終わった遊園地で一人観覧車に乗る男。
社長の彼は、今までの出来事を思い出す。
息子の久生は「トキオ」(東野圭吾)を思い出した。

***** ***** ***** *****

まさしく「人に歴史あり」の短編集。
構成の上手さで各エピソードに深みが出ている。

登場人物たちの喪失感や悲しみ。
人生はやり直しかきかないことなど教訓は多い。

読書のページ(書評)

***********************
関連記事

【月の上の観覧車】(荻原浩)を読了!

「月の上の観覧車」/荻原 浩

『月の上の観覧車』 荻原浩

『月の上の観覧車』

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。


posted by りゅうちゃんミストラル at 07:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/313824229
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【月の上の観覧車】(荻原浩)を読了!
Excerpt: 人生が二度あればこの人生が二度あれば  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】守れるはずもないことを、いくつ約束したのだろう。逃げ出した故郷、家族に押しつけた身勝手な夢。..
Weblog: じゅずじの旦那
Tracked: 2013-02-14 18:43

「月の上の観覧車」/荻原 浩
Excerpt: 「月の上の観覧車」/荻原 浩(新潮社)      全8話からなる荻原 浩氏の短編小説です。1.トンネル鏡  2.金魚  3.上海租界の魔術師  4.レシピ  5.胡瓜の馬  6.チョコチップミント..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2013-02-14 22:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。