2012年12月18日

「これはペンです」円城塔

道化師の蝶」で芥川賞作家になった円城塔の作品。
独特の世界が描かれている。
   
【送料無料】これはペンです [ 円城塔 ]

【送料無料】これはペンです [ 円城塔 ]
価格:1,470円(税込、送料別)


「これはペンです」

顔も知らない叔父と姪のやり取り。
書くとは何か。私には逆立ちしても書けない作品だ。

石原閣下なら「言葉の遊び」と言うかもしれない。
たぶん言っただろう。

この作品、芥川賞候補になったものの選考委員の反対で選ばれなかった。
何しろ「道化師の蝶」と同じくストライクゾーンが狭いので仕方ない。

とにかく書評を書きにくい作品であることは確か。
読んで各自が評価してほしい。読み易いが難解だ。

「良い夜を持っている」

娘から見た、超記憶術を持つ父。
映画「レインマン」を思い出した。

自分に見えているものが、他人にも同じ見え方をしているとは限らない。
優れた記憶能力は、幸せをもたらすわけではない。

テストで苦労しても、凡人であることの幸運を感じる。
何しろ、工事中の道で立ち往生するのはあまりに不便。

 読書のページ(書評)

***********************
関連記事

「これはペンです」円城塔  

これはペンです / 円城塔

「これはペンです」 円城塔著 新潮社

円城塔「これはペンです」 文字通り

円城塔『これはペンです』

円城 塔 著 『これはペンです』

「これはペンです」円城塔

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



posted by りゅうちゃんミストラル at 14:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/306126538
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「これはペンです」 円城塔著 新潮社
Excerpt: 円城塔の名前は「本の雑誌」でおなじみのものだった。おそらくはSF評論家の大森望経
Weblog: 事務職員へのこの1冊
Tracked: 2012-12-18 18:52