2012年11月16日

「ロック母」角田光代

角田、初期の作品集。文庫は違うけど、表紙だけでなく一面真っ黒のデザイン。
作家として角田がどんな道のりを来たかが少し分かる。
   
【送料無料】ロック母 [ 角田光代 ]

【送料無料】ロック母 [ 角田光代 ]
価格:550円(税込、送料別)


「ゆうべの神様」

92年芥川賞候補作。
女子高生のマリコが主人公。
一応受験生だが授業を抜け出すなど不真面目。

両親は喧嘩が絶えず、狭い町では誰もがそのことを知っている。
大学生になってこの地から出たいマリコだが、大学に入れず・・・

「緑の鼠の糞」

タイ南部の町、チュムポーンが舞台。
旅行者の女性が日本人の男と出会う。

作品の舞台であるチュムポーンは、沢木耕太郎の「深夜特急」でも出てきた。
私も食べたことがあるけど、プリッキーヌは本当に辛い。
体に悪いんじゃないかと本気で心配するほど辛い。

「爆竹夜」

今度は旧正月の上海が舞台。
中国人に怒りを感じる日本人の旅人。
女装して女の尻を見るという発想が独特。

「カノジョ」

前妻の呪いを感じつつ過ごす日々。

「ロック母」

臨月間近の女性が、生まれ故郷の島に帰ってくる。
生まれてくる子の父親は逃げ、未婚の母となる。

祖母になる予定の女性の母親は、大音響でロックをかける。
後に出る「八日目の蝉」のプロトタイプといえる作品。

「父のボール」

不幸は坂を下るボールだと言っていた父。
末期のガンで死が迫る。

「イリの結婚式」

取材のためウイグル自治区まで来た日本の一行。
通訳の女性と運転手兼ガイドの男が連日、口論する。

遠くに来ながら過去の男を思い出す主人公。
ハムスターが別れの原因となるとは。

***** ***** *****

本人があとがきで拙いと認めているけれど、たしかに荒削り。
冒頭にも書いたが、作家の成り立ちを知るにはいい作品集。

 読書のページ(書評)

***********************
関連記事

「ロック母」感想  角田光代

「ロック母」角田光代

「ロック母」  角田光代  

角田光代『ロック母』

角田光代「ロック母」

ロック母 角田光代  

ロック母

「ロック母」角田光代

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。





posted by りゅうちゃんミストラル at 08:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。