2012年11月13日

「ファントム・ピークス」北林一光

安曇野で起きた連続女性行方不明事件。
自然と人間の共存を背景に描かれたミステリー。
   

半年前に行方不明となった三井の妻。
頭蓋骨が不明地点から離れた山中で見つかった。

その後、20代の女性と30代の主婦が連続して行方不明に。
彼女たちに何が起きたのか。

妻を喪った三井が謎を追う。
猿の調査を行っている信州大学助手の山口凜子がアシスト。

動物保護か、農業保護のための駆除か。
大きな問題がこの作品の背景にはある。

さらに、大きな問題が170ページ以降に現れる。
興味深く読むことができた。

人は、恐怖の対象が何であるか知らない場合。
怖さを倍化させる。

映画監督の黒澤清が解説で述べているように。
小説と言うより映画の手法を用いている。

長野県出身で、映画宣伝会社に勤務経験がある作者。
なるほど現地や映画のことをよく知っているわけだ。

彼は06年にガンのため亡くなったという。
プロとしては文章が練れていないこと。
途中経過に多少無理があること。

それらを差し引いたとしても、生きていたらさらに面白い作品を出した可能性はある。
せめてあと数年、生きていてほしかった。とても残念。

 書評(作家別一覧)

***********************
関連記事

#562 ファントム・ピークス  北林一光

ファントム・ピークス 北林一光著  

文庫版『ファントム・ピークス』感想 ネタバレあり

【書評】『ファントム・ピークス』北林一光

【ファントム・ピークス】(北林一光)を読了!

『ファントム・ピークス』を読みました

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



posted by りゅうちゃんミストラル at 15:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/301183528
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【ファントム・ピークス】(北林一光)を読了!
Excerpt: 山で遭難した妻が、離れた場所で見つかった。頭蓋骨だけが・・・  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】おまえはいったいなんなんだ?なぜここにいる?長野県安曇野。半年前に失..
Weblog: じゅずじの旦那
Tracked: 2012-11-14 16:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。