2012年11月07日

「太陽のパスタ、豆のスープ」宮下奈都

結婚式目前に婚約破棄された女性の再出発を描く。
宮下の世界がよく出た作品。
   

明日羽は、突然婚約破棄を言い渡される。
叔母のロッカに言われてドリフターズリストを作成する。

これは、ブレイクスルーを描いている。
ちょっとしたきっかけで人は進む方向を決めることができる。

郁にとっての豆にあたるものを誰もが追い求める。
失意の明日羽もそのひとり。

友人の京もいいキャラクター。後半、出番が少ないのが残念。
その代わり、郁が以外な存在感を示す。

母親が言った「毎日のご飯があなたを助ける」は名言。
覚えておこう。宮下は、よく作品に食を取り込む。

かわいそうなのが父親。
色々と娘に言いたいことがあるだろうに、それを口に出せない。

娘も100円のアイスをありがたく食べようよ。
父親は不器用なものなんだから。愛情は値段じゃない。

父ちゃん、激昂して謝罪に来た元婚約者を殴ればよかったのに。
結婚ドタキャンの男なら、そのくらいの覚悟はあるだろう。

ひとつ、はっきりしていることがある。
それは、この作品が多くの人にとって救いになっているということ。

不幸に悩み、ジタバタする女性。
文学の大きなテーマが「人とは何か」「幸福とは何か」であるなら。
この作品はまさしく文学している。

宮下の作品は、普通の人を描く。
奇跡はないが静かな感動が読者の賞賛を呼び起こす。

もし身近に婚約破棄された女性がいたら、この本を薦めようと思う。
中学や高校の合唱で悩んでいる人には、「よろこびの歌」を推薦する。

きっかけという点では、「遠くの声に耳を澄ませて」にも通じる作品。
田舎の紳士服店のモデルの妻」は期待外れだったものの、私好みの作家。

「そろそろ宮下にも本屋大賞を」という声がある。
だが私は彼女に直木賞や本屋大賞が必要なのか疑問に思う。

「賞のスケールで計れない作家」こそ、宮下には目指してほしい。
もちろん、彼女には本屋大賞の資格は十分にある。

アマゾンの評価はすごく高い。
何しろ13人のうち、星5つ(最高点)が10人。

イチローもびっくりの高確率。
今後も宮下作品を読みたいと思っている人は、私を含めてとても多い。

さすが宮下!文句なしに秀作だ

   読書のページ(書評)

***********************
関連記事

『太陽のパスタ、豆のスープ』 宮下奈都 (集英社)  

書籍「太陽のパスタ、豆のスープ」読了。やっぱり好きだなぁ〜。  

「太陽のパスタ、豆のスープ」 宮下 奈都

「太陽のパスタ、豆のスープ」 宮下奈都

「太陽のパスタ、豆のスープ」宮下奈都

太陽のパスタ、豆のスープ | 宮下 奈都

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



posted by りゅうちゃんミストラル at 20:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/300505441
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「太陽のパスタ、豆のスープ」 宮下 奈都
Excerpt: 結婚二ヶ月前で突然婚約破棄された「あすわ」。人生のどん底を経験し、目の前が真っ暗になったあすわは、風変わりなおば・ロッカさんに、やりたいこと、楽しそうなこと、ほしい物を「ドリフターズ・リスト」として書..
Weblog: 日々の書付
Tracked: 2012-11-07 19:52

「太陽のパスタ、豆のスープ」宮下奈都
Excerpt: JUGEMテーマ:読書 結婚を2ヵ月後に控えた明日羽は、婚約者に突然結婚を取りやめたいと言われ茫然自失となった。そんな明日羽に叔母のロッカさんが「やりたいことや、楽しそうなこと、ほしいもの、すべ..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2012-11-12 10:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。