2012年11月02日

多田野、誤審で退場

日本シリーズ第5戦。
巨人が10−2と大差で勝ったものの、誤審での退場が試合を壊した。

 

日本ハム:栗山監督“誤審”負け ヤクルト後輩の球審に「納得いかない、オレを退場にしろ!」(毎日新聞)

多田野 怒「だます方もだます方。だまされる方もだまされる方」(スポニチ)

問題の場面は4回表無死一塁の場面。
二番手多田野がバントの構えの加藤に投げた球。

単なる内角球だったのだが、加藤はのけぞって倒れる。
球審の柳田浩一は頭部への死球と判断。多田野は危険球退場となった。

録画で何度も見たが、球は頭には当たっていない。
加藤の演技力に球審は騙された。

これで退場なら、投手は内角を攻めることができない。
栗山監督が抗議するのは当然だ。

この場面が退場でなくても。
巨人の勝ちは結果として変わらなかったかもしれない。

だが観ているファンとしては一気に引いた。
脇役である審判が試合をつまらなくするのは、どう考えてもおかしい。

こうした誤審を防ぐには、録画による再確認システムを導入するしかない。
テニスのウィンブルドンやNFL(アメフト)ではすでに導入されている。

ビデオ判定とチャレンジシステムについては、以下の記事に書いた。

行司差し違い、木村庄之助が進退伺

柳田球審は人間として誤審を謝罪すべき。
その上で四国でのお遍路や滝に打たれるなどの罰が必要。

日ハムとしては、プロならキャッチャーがしっかりと捕球すべきだった。
そうすれば審判の判定がはっきりしたはずだ。

捕球もプロの技のひとつ。
この件で怒った日ハムの選手たちは東京ドームで大いに燃えてほしい。

柳田よ あれが死球か 秋の空

追記

その後、四勝二敗で巨人が日本一に。
日ハムには意地を見せてほしかった。残念。

***********************
関連記事

2012日本シリーズ第5戦 巨人2ケタ得点の圧勝で3年ぶりの日本一に王手。

誤審と落球と失言 

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。





posted by りゅうちゃんミストラル at 08:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

日本一
Excerpt: 巨人、3年ぶり22度目の日本一…MVPは内海(読売新聞) - goo ニュース ギリギリのところから、たどりつきましたね。優勝しましたからね。おめでとうございます。 日本ハムも惜しかったですね。栗山監..
Weblog: 落ちこぼれのつぶやき
Tracked: 2012-11-04 10:36

2012日本シリーズ第5戦 巨人2ケタ得点の圧勝で3年ぶりの日本一に王手。
Excerpt: プロ野球コナミ日本シリーズ2012・北海道日本ハムファイターズVS読売ジャイアンツは、第4戦を終えて2勝2敗のタイ。巨人が開幕2連勝を飾るも、日本ハムが札幌ドームに戻ってから逆襲ののろしを上げ、..
Weblog: 日刊魔胃蹴
Tracked: 2012-11-04 22:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。