2012年10月16日

「草子ブックガイド」玉川重機

本を読むとはどういうことか。
それを再認識させてくれる漫画。
   

「ロビンソン漂流記」に「山月記」、星新一に西行。
そして「ティファニーで朝食を」と幅広い分野を紹介。

本が売れない今、こうした作品はとても貴重。
「ティファニー」は村上春樹の翻訳が出ている。読まなければ。

春樹訳は「キャッチャーインザライ」があるが、私は受け付けなかった。
頭に野崎訳が刷り込まれているもので。

この話、図書館が舞台でも成立しそうだ。
マニアックな図書館員と書庫を探索する。

それはまるで小さな宇宙。
学校図書館が出てくるものの、物足りない。

ひとつ苦言を。
本が好きなら、万引きするわけない。
万引き被害のため、潰れた本屋もあるくらい。

まだ1巻しか読んでないが、今後どんな作品が出てくるのか楽しみ。
絵が稚拙なのを差し引いても、深い世界を知るいい作品だ。

日本の活字文化に希望あり!

***********************
関連記事

『草子ブックガイド』1巻のブックガイド……のなり損ないみたいなもの  

草子ブックガイド

草子ブックガイド1

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



posted by りゅうちゃんミストラル at 08:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック