2012年10月12日

ノーベル文学賞、莫言と村上春樹の縁

今年のノーベル文学賞は、中国の莫言氏に決まった。
ここ数年候補と言われている村上春樹は選ばれなかった。
 
【送料無料】赤い高粱 [ 莫言 ]

【送料無料】赤い高粱 [ 莫言 ]
価格:1,092円(税込、送料別)


村上春樹氏また落選も…ハルキスト気勢「来年必ず!」(スポニチ)

 

イギリスのブックメーカー、ラドブロークス社では、倍率が1.5倍とダントツの1位。
今回受賞した莫言氏は8倍だった。

 

莫言と言えば「赤い高粱」しか私は知らない。
小説は読んでいないが、映画「紅いコーリャン」なら知っている。

この映画、日本軍が生皮を剥ぐ場面が有名。
春樹の小説「ねじまき鳥クロニクル」でも同じような場面が出てくる。
   

小説はいろいろあるけれど、こんな場面はなかなかない。
これって不思議な縁だと思うのは私だけだろうか。

***** ***** *****

その春樹、夢を見ないそうだ。
河合隼雄との対談でそう言っていた。
   

驚いたのは、河合がそれを平然と聞いていたこと。
詩人の谷川俊太郎も同じく夢を見ないという。

本人は夢を見ないが、読者には夢を提供する。
そして、ここ数年はノーベル賞候補として多くの人に夢を提供している。

もし春樹が今後ノーベル賞に選ばれなくても。
彼の価値に何ら違いはない。

エルサレム賞受賞スピーチでの「壁と卵」の比喩。
昨年のカタルーニャ国際賞受賞。
「我々日本人は核に対するノーを叫び続けるべきだった」と発言した。

 

私は「ハルキスト」と呼ばれるほど春樹のファンではない。
だが、著作は大部分を読んでいるし自分の好みでもある。
それ以外にも前述のスピーチなど、彼から多くのものをもらった。

前にも記事に書いたが、ノーベル賞は生きている者だけに受賞資格がある。
ファンのためにも、春樹はあと数年は生きてワクワクさせてほしい。

春樹は死ぬにはまだ早い。
だが不慮の事故もある。

来年、またワクワク感を楽しもう

***********************
関連記事

村上春樹氏、受賞逃がす 中国の莫言氏にノーベル文学賞  

村上春樹氏また受賞逃す 中国の莫言氏にノーベル文学賞

ノーベル文学賞に莫言氏

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。





posted by りゅうちゃんミストラル at 07:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

村上春樹氏、受賞逃がす 中国の莫言氏にノーベル文学賞 
Excerpt: ノーベル文学賞の有力候補と目されてきた小説家・翻訳家の村上春
Weblog: ネット社会、その光と影を追うー
Tracked: 2012-10-12 09:24

ノーベル文学賞に莫言氏
Excerpt: ノーベル文学賞は、日本の村上春樹氏と中国の莫言氏が有力と見られ、日中対決ともいわれました。 結果は、莫言氏が受賞し中国に軍配が上がった形になりました。 ノーベル文学賞に莫言氏…中国国籍作家で初(読売..
Weblog: あれこれ随想記 
Tracked: 2012-10-12 20:57

村上春樹氏また受賞逃す 中国の莫言氏にノーベル文学賞
Excerpt:  スウェーデン王立科学アカデミーは11日、今年のノーベル文学賞を、現実と幻想の世界を融合させた独特の表現方法で中国の農村生活を描きだした著作などで知られる中国の代表的作家、莫言氏(57)に授与すると..
Weblog: ぼけ〜〜〜っと人生充電記!
Tracked: 2012-10-12 22:01

★ノーベル文学賞は、中国の莫言氏に・・・
Excerpt: 中国、「文学賞」冷淡から歓迎一色に=莫言氏、日本の強敵押しのけ―ノーベル賞 <中国国営新華社通信は11日、作家の莫言氏にノーベル文学賞授与が決まったことを速報した。中国ではこれまで..
Weblog: スナフキン・レポート♪
Tracked: 2012-10-13 09:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。