2012年10月10日

「三面記事小説」角田光代

三面記事を元にした痛い短編集。
内容はフィクションだが、読んでいてかなり凹んだ。
   
【送料無料】三面記事小説 [ 角田光代 ]

【送料無料】三面記事小説 [ 角田光代 ]
価格:530円(税込、送料別)


「愛の巣」

26年前殺した人を家の庭に埋めた。
「どうして気がつかないのか」という疑問を読者は持ったに違いない。
でも実際には、人というものは他人を見ているようで見ていない鈍感な生き物。

「ゆうべの花火」

男とつき合うため、金を払い続ける女。
その果てに、不倫相手の妻を殺すよう依頼する。

主人公の女が壊れていく様子がとても怖い。
本当に怖いのは幽霊でも宇宙人でもなく、人なんだろう。

「彼方の城」

38歳の女が高校生と肉体関係を結ぶ。角田にしては性描写が過激。
裸の写真をネタに脅迫するなど、この女がとても痛い。

中年男が女子高生と性的関係を結び、逮捕される話は多く存在する。
その逆もあるのだなあ。

「永遠の花園」

教師の給食に薬を入れる中学生。
この年代では、間違った選択というものがありうる。ベクトルが違っている。

多くの場合は、嫌われた教師の給食に薬を入れたがるものなのだろうけど。
実行しなくても、そんな想像した人は多いはず。

「赤い筆箱」

孤独感から妹を刺し殺す姉。
いじめられた恐怖が抜けない主人公。
家でも学校でも、いつも一人。

この話は、主人公の姉の気持ちがよく分かる。
私自身、疎外感で悩んでいたことがあるから。

「光の川」

介護の問題はとても大きい。
「介護殺人予備軍」は、日本に多く存在しているはず。

実際にはこんな事件もあった。

温情判決(京都介護殺人事件) 〜もう生きられへん。此処で終わりやで〜

 

「単なる小説」で済まない現実は、今後もっと進む。
何しろ少子高齢化は日本にとって避けられないのだから。

***** ***** *****

このテーマを宮部みゆきが書いたらどうだったか。
勝手に想像してしまう。

アンソロジーでもよかったかもしれない。
その時は、東野圭吾や浅田次郎に書いてほしい。

「現実は小説より奇なり」などと言われる。
しかし村上春樹は、フィクションが現実と永遠の相互補完にあると言っている。

明日の三面記事に名前が載るのはあなたかも

***********************
関連記事

「三面記事小説」角田光代  

「三面記事小説」角田光代

「三面記事小説」「マザコン」感想 角田光代

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



posted by りゅうちゃんミストラル at 07:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「三面記事小説」「マザコン」感想 角田光代
Excerpt: 本当は「予定日はジミーペイジ」が読みたかったのだけれど、図書館にまだ入っておらず、その変わりに他の角田光代さんの新刊2冊を借りて来ました。
Weblog: ポコアポコヤ
Tracked: 2012-10-26 21:11

「三面記事小説」角田光代
Excerpt: 三面記事小説 角田 光代 新聞の「三面記事」に載る数々の事件。いくつかの事件は読んだ記憶があるものでした。そんな本当の出来事の裏側で犯罪を起こした人が考えていた事、追い詰められていく様など..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2012-11-12 10:11

どんな三面記事でも、その裏側は、
Excerpt: 小説「三面記事小説」を読みました。 著者は 角田 光代 新聞の社会面に小さな記事として実際に掲載された事件を元に 書かれた6つの短編集 実際にあったといっても、その裏側、その向かう側は想像で 大..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2015-04-25 18:37