2012年10月03日

「田舎の紳士服店のモデルの妻」宮下奈都

欝の夫と二人の息子を抱え、夫の田舎に引っ越した梨々子の一家。
慣れない土地での生活が始まる。
   

アンソロジー、「コイノカオリ」に収録されていた宮下の作品「日をつなぐ」。
この作品とのつながりがとても深い。宮下にとって描きたいテーマだったのだろう。

舞台は北陸の田舎町。
東京から出たことに梨々子は失望を隠せない。

下の子は幼稚園だけでなく、小学校でも問題児。
給食にまったく手をつけないなど、何度も呼び出しを受ける。

不倫は芸能人である男の側が身を引いたことで深入りせずに済んだ。
そうでなければ「ボヴァリー夫人」(フローベール)のコースへ一直線。
梨々子に、「どうして結婚なんかしたのだろう」と呟かせてもよかったのではないか。

宮下が自分の経験をこの作品に表現したことは明らか。
子育ての経験がある方なら、共感できるのかもしれない。

だが私には「ハズレ」の作品。主人公にまったく共感できなかった。
夫が欝なら、恐れるのは自殺。「社会に貢献していない」と吐露する夫。
自殺対策をどうしたのか、力量のある作家だけにもっと描いてほしかった。

村上春樹の言葉ではないが、作家はすべての読者を救えない。
野球でも10割打者はいない。

同じようにすべての作品が読者に受け入れられることはない。
東野や重松など、多くのファンを獲得している作家でさえ例外ではない。

今まで、「よろこびの歌」や出世作「スコーレNo.4」で大きな感動をもらった宮下。
今後も彼女の作品を追い続けるだろう。

***********************
関連記事

「田舎の紳士服店のモデルの妻」宮下奈都  

田舎の紳士服店のモデルの妻 宮下奈都

『田舎の紳士服店のモデルの妻』 宮下奈都 (文芸春秋)

田舎の紳士服店のモデルの妻 | 宮下 奈都

「田舎の紳士服店のモデルの妻」宮下奈都

宮下奈都『田舎の紳士服店のモデルの妻』

「田舎の紳士服店のモデルの妻」感想 宮下奈都

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



posted by りゅうちゃんミストラル at 07:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「田舎の紳士服店のモデルの妻」感想 宮下奈都
Excerpt: この小説って、宮下さんご自身がモデルになっていそうな気がするけれど、ここまで書いてしまって大丈夫なのか?と、思わず心配になってしまいました・・・
Weblog: ポコアポコヤ
Tracked: 2012-10-07 10:10

「田舎の紳士服店のモデルの妻」宮下奈都
Excerpt: JUGEMテーマ:読書 田舎行きに戸惑い、夫とすれ違い、子育てに迷い、恋に胸騒がせる。じんわりと胸にしみてゆく、愛おしい「普通の私」の物語。 宮下さんの小説は本当に毎回楽しみ♪なのに今回は..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2012-11-12 10:09