2012年10月02日

「コイノカオリ」角田光代、島本理生ほか

実力ある若手作家6人によるアンソロジー。
どれも質の高い作品ばかり。大いに堪能した。
   
【送料無料】コイノカオリ [ 角田光代 ]

【送料無料】コイノカオリ [ 角田光代 ]
価格:540円(税込、送料別)



「水曜日の恋人」角田光代

母親の恋人であるイワナさんと中学生の主人公。
水曜日には書道教室に通うことでデートできる。

警察の場面は「キッドナップ・ツアー」を思い出した。
挙動不審なイワナさんの行動に笑った後で、しんみりと涙が出た。

シャンプーの香りなど、小学生でも鋭く見ている。
角田ワールド炸裂の作品だ。角田は短編がとてもキレがあっていい。

神奈川スケートリンクは列車から見える。
今度通りかかったら、この作品を思い出すだろう。

「最後の教室」島本理生

定時制高校に通う主人公。
そこで出会った年上の女性が気になる。

これは実際にありそうな話。
石田衣良の「眠れぬ真珠」みたいにいかないものだろうか。
高校生には重いだろうけれど。

「泣きっつらにハニー」栗田有起

工場の倒産でバイトに出た女子高生の主人公。
マッサージ店での奮闘が始まる。

文章のテンポがとてもいい。
短い文を効果的に重ねている点が、綿矢りさを思い出させる。

「海の中には夜」生田紗代

サークルの合宿で海辺に行く。
好きだけど苦手という点が、イマイチ主人公に感情移入できなかった。

「日をつなぐ」宮下奈都

宮下が子育てを描くとは。豆のスープが美味しそう。
旦那の話は何だったのか。フィクションなのに気になる。

宮下奈都は先日も、「よろこびの歌」で絶賛したばかり。
もちろん「スコーレNo.4」もよかった。今後も注目していきたい作家の一人だ。

「犬と椎茸」井上荒野

夫との浮気がなかったかどうか。
30年ぶりに再会した真梨恵の質問は予想外だった。

レストランで食事した際、すでに真梨恵は末期ガンであることを知っていたはず。
「病気の匂い」を感じさせなかったのは、女の意地か。

***** *****

栗田、生田、井上は初めて読む。今度探して別の作品を読んでみよう。
栗田有起は3年4年5年と3回芥川賞候補になっている。その後はどうしたのか。

井上荒野は「切羽へ」で第139回直木賞受賞。
恥ずかしながらまったくのノーマーク。

どの作品も、違った恋を感じさせる。
こうしたアンソロジーは編集者にとって腕の見せ所。

私にとってこの本は「とっておきの一冊」。
読んでよかったと素直に思う。

まさに珠玉の短編集!

***********************
関連記事

コイノカオリ 〔角田光代・他〕  

コイノカオリ【アンソロジー】

コイノカオリ | 角田光代 島本理生 他

「コイノカオリ」

「コイノカオリ」/角田光代ほか★★★☆

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。





posted by りゅうちゃんミストラル at 07:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「コイノカオリ」
Excerpt: コイノカオリ 角田 光代, 島本 理生, 栗田 有起, 生田 紗代, 宮下 奈都, 井上 荒野 においが思い出させる記憶ってあります。においをモチーフに書かれた6つの物語。 カオ..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2012-11-12 10:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。