2012年09月29日

「夏色ジャンクション」福田栄一

偶然出会った3人の旅を描いた作品。
爽やかな、夏の物語。
   

前日に続き、この作家を知ったのは「Re-born はじまりの一歩」。
「あの日の二十メートル」は、読んだ後の爽快感がとても強く印象に残っている。
あの作品も、登場人物は若者と老人。そして老人の孫にあたる若い女性だった。

主人公の信之は職を失い、恋人とも別れて借金生活。
車での生活を始める。

そこで出会った勇という老人を山形に送り届けることになった。
何故か勇は現金で700万円も持っていた。

途中で知り合ったアメリカ娘のリサも加わり、3人での旅はどこへ行く。
リサの設定に無理があるけれど、まあ許容範囲ということにする。

信之の設定は、どこか「夏への扉」を思い出す。
だが彼には長期間の冷凍睡眠という選択肢はなかった。

この話の山場は、信之が勇の金を持ち逃げするところ。
悪人になりきれない信之は、青い顔をして戻ってくる。

正直に持ち逃げしたと話す信之。
勇はそんな彼を許し、この件をリサには内緒にすることを提案する。

あまりに無防備なリサがヒッチハイクした連中以外、悪人が出てこない。
アメリカ旅行という1年後の約束は果たせたのだろうか。

この作家の作品は、「A happy lucky man」も読んだ。
(ブログ記事にはしていない)
何となく作品のパターンが読めてきた。

***********************
関連記事

「夏色ジャンクション」福田栄一  

福田栄一:『夏色ジャンクション』(実業之日本社)

「夏色ジャンクション」福田栄一

夏色ジャンクション 【福田 栄一】

福田栄一/「夏色ジャンクション」/実業之日本社刊

【夏色ジャンクション】福田栄一の夏小説

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



posted by りゅうちゃんミストラル at 07:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

福田栄一/「夏色ジャンクション」/実業之日本社刊
Excerpt: 福田栄一さんの「夏色ジャンクション」。 親友と恋人に裏切られて職も住む場所も失い、車の中で寝泊りするようになった信之。すべてを 失い、所持金も底をつきかけて失意のどん底にいたところ、お人好し..
Weblog: ミステリ読書録
Tracked: 2012-10-02 23:50

「夏色ジャンクション」福田栄一
Excerpt: JUGEMテーマ:読書 親友と恋人に裏切られて借金を背負い、住まいを失った信之。ミニバンで寝起きする生活を送っていたが、ひょんな出会いから、七百万円の大金を所持する老人・勇を山形まで送り届けるこ..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2012-11-12 10:19