2012年09月17日

「森に眠る魚」角田光代

都内の文教地区に住む5人の主婦。子どもの教育でドロドロした人間関係を描く。
女性作家の視点で描く、嫉妬と誤解が恐ろしい。
   
【送料無料】森に眠る魚 [ 角田光代 ]

【送料無料】森に眠る魚 [ 角田光代 ]
価格:720円(税込、送料別)


最初は仲間ができたと喜ぶ母親たち。
子どもと一緒に記念写真を撮るところなど、とても微笑ましい。

だが、平和な関係は長くは続かなかった。
取材を受ける際の言動で、早くも亀裂が生じる。

「人は人、自分は自分」と思っていても、人は弱い。
他人の生活がとても気になる。自分いないものを欲しくなるのは当然だ。

加えて、都会にいても人は孤独。逆に都会だからこそ、孤独なのかもしれない。
後半5人の母親たちが、人間関係に亀裂を生じるだけでない。
それぞれが壊れていくのがとても怖い。

この作品、別の視点があったらどうだったろうか。
例えば5人の近所に、子どもの欲しい若い夫婦がいた。

だがこの夫婦は医学的な事情から子どもができなかった。
妻は、5人の母親を見て羨ましいと感じる。

この夫婦(主に妻だけが登場)は各章の終わりに少しだけ出てくる。
角田の表現力なら、そのくらいは可能だ。

そして、「ママ友っていいなあ」とか感じる。
後半には、脱臼した娘を抱えて瞳が病院へ急ぐのを見る。

また、マダムの娘が学校に行けない様子に出会う。
こうした登場人物がいたら、物語にアクセントができたのに。とても惜しい。

**************

八日目の蝉」の記事を書いた際。
「森に眠る魚」も実際起きた事件がモデルになっているとのコメントをもらった。
それがこの事件。

文京区幼女殺人事件(wikipedia)

この作品を読み始めてすぐ、「ああ、この事件か」とわかった。
予断を持っての読書は面白みに欠ける。

こうしたコメントは、今後遠慮していただきたい。
周回遅れの読者もいるのだから。その前に私も気をつけたいと思う。

**************

以下、反論覚悟で書く。

私は結婚もしていないし、子どももいない。
こうした小説を読むと、結婚してなくてよかったと心から思う。

世界中に人間は70億を超えるほどいる。
ならば、私が子どもを持たなくても構わないんじゃないか。

こんなドロドロした人間関係を見せられたら。
「少子化バンザイ」と叫びたくなる。

住んでいる環境によって、「高校まで公立でいい」というわけにはいかなくなるのか。
私には理解しにくい話だ。

**************

角田の作品を次に読むとしたら、短編集になるだろう。
最近、凹む作品が多いので、楽しい作品を探そう。

***********************
関連記事

「森に眠る魚」(角田光代)  

「森に眠る魚」角田光代

森に眠る魚 角田光代

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。





posted by りゅうちゃんミストラル at 07:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「森に眠る魚」角田光代
Excerpt: 森に眠る魚 角田 光代 JUGEMテーマ:読書 東京の文教地区の町で出会った5人の母親。育児を通してしだいに心を許しあうが、いつしかその関係性は変容していた。―あの人たちと離れればいい。..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2012-11-12 10:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。