2012年09月05日

ヤングなでしこ、ドイツに0−3と完敗!

日本開催のU20女子ワールドカップ。
4日に国立で日本はドイツと対戦し、0−3で負け決勝進出はならなかった。
      

ヤングなでしこ、ドイツに完敗し決勝進出ならず(スポーツナビ)

試合は序盤からドイツペース。
開始早々の1分に日本の左サイドでボールを奪われる。

まるでバスケットボールのような囲い込みだった。
そこからマロジャンが前線へスルーパス。
これをロイポルツが冷静に決めて先制した。

  

追加点は13分。マイアーが高いボールを前線へ。
これを木下が判断を誤って処理できず。

GK池田と1対1になったマロジャンがループシュート。
これが決まって0−2となる。

さらに19分。
CKからロッツェンがゴール正面でヘディングシュート。
これで0−3となった。

日本ベンチは後半、3人の選手たちを送り込むがスコアは変わらずタイムアップ。
ドイツの完勝に終わった試合だった。

準々決勝で、ノルウェーに4−0で勝った実力は本物だった。
あらゆる部分でドイツは日本を上回っていた。

痛かったのが2点目。木下の判断ミスが悔やまれる。
あの場面、DFなら瞬時に状況判断が出来るべき。

頭で触れようと足を止めれば、次の場面に対処できない。
完全にプレーの選択ミスだ。

前にも書いたが、今大会も、プレーの選択ミスによる失点が多い。
女子の技術は上がっているだけに、とても残念だ。

3点目もセットプレーなのに、守備陣は競ることが出来なかった。
高さと強さのあるドイツチーム。これで失点しないほうがおかしい。

だが日本にとって大きなショックは失点だけではない。
90分完封されたのは、何故なのか。

期待された田中陽子も機能せず、後半16分にピッチを去った。
しっかりと対策を立て、ナイジェリアとの3位決定戦(8日)に臨んでほしい。

将来の勝利のため、この屈辱を教訓とせよ!

***********************
関連記事

U-20ヤングなでしこ…ドイツに完敗!世界との差痛感  

U−20女子W杯 準決勝vs最強ドイツ代表☆0−3完敗!銅メダルを獲ろう!ピースついにいなくなったと思ったのにw

FIFA 女子 U-20 ワールドカップ、日本対ドイツ戦感想

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。





posted by りゅうちゃんミストラル at 07:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。