2012年09月02日

「ブラフマンの埋葬」小川洋子

ブラフマンと名付けた小動物と過ごした日々を描く。
小川洋子独特の世界。
   

彼女の作品は、「博士の愛した数式」、「猫を抱いて象と泳ぐ」。
そして「ミーナの行進」に続いて4冊目。

傷ついたブラフマンを保護したのは、<創作者の家>で管理人をする男。
そこは、芸術家たちが過ごす場所。

この小動物が何であるのかは、最後まで明かされない。
読者は勝手に「イタチ?」「カワウソ?」などと想像するしかない。

雑貨店の娘が気になる主人公の僕。
自動車の運転をこの娘に教えたりする。

そう言えば、この作品で登場人物は名前がない。
碑文彫刻師や動物アレルギーのレース編み作家、そしてホルン奏者など。

僕がどうして管理の仕事をしているのかなど、読者に説明もしない。
作者がそれでいいと感じているなら。思い切って説明を省くのは構わない。
読者は作品を読むか否かの選択をするだけだ。

タイトルからわかるように、ブラフマンは死ぬ。
どうせならタイトルを「ブラフマンとの夏」とかにすればよかったのに。
死んだのは秋だけれど。

小川洋子は独特の世界を持ち、その世界を読者に紹介できる作家。
その世界は村上春樹や角田光代、森絵都とも違う。

この質感を維持できれば、読者は彼女の作品を再び手にするだろう。
私もその中の一人だ。

***********************
関連記事

「ブラフマンの埋葬」 小川洋子  

小川洋子『ブラフマンの埋葬』

「ブラフマンの埋葬」小川洋子

***********************

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



posted by りゅうちゃんミストラル at 07:43| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「ブラフマンの埋葬」小川洋子
Excerpt: ブラフマンの埋葬 小川 洋子 芸術家が集まる「創作者の家」の管理人をしている僕、夏の朝家のドアの前に茶色い生き物見つける。 傷ついているその生き物に「ブラフマン」と名付け、管理人の仕事..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2012-09-13 09:07