2012年08月09日

長崎原爆の日、米国大使も参加

今日は、67回目となる長崎原爆の日。
平和祈念式典には米国のジョン・ルース大使も参加する。

 

長崎原爆の日:20カ国の大使ら献花 9日に平和祈念式典(毎日新聞)

8月6日に広島へ投下されたリトルボーイ」と呼ばれるウラン型原爆。
長崎は、「ファットマン」と呼ばれるプルトニウム型が投下された。
詳しくは、以下のページに出ている。

長崎市への原子爆弾投下(wikipedia)

ファットマンを搭載した爆撃機「ボックスカー」。
第一目標は長崎でなく、小倉だった。

しかし投下目標確認に失敗し、長崎に進路を向けた。
この原爆によって、長崎では14万9千人が亡くなったと言われている。

その後、冷戦時代を経て核兵器はロシアや英国。
そして中国やフランスなどに拡散。インドやパキスタンも保持している。

日本に核を投下した国であるオバマ大統領は、「核兵器のない世界」を訴えた。
ノーベル平和賞を受賞する。

しかし、現実は厳しい。
2万を越す核弾頭が存在すると、北海道新聞は社説で書いている。

原爆の日 反核と脱原発で連携を(8月6日)

また福島原発事故で、「原子力の平和利用」がまったくのデタラメであること。
その上でまだ原発輸出しようとする姿勢を批判している。

核兵器に頼って、人は何をしようとするのか?

*****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



ラベル:原爆 長崎
posted by りゅうちゃんミストラル at 07:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック