2012年08月06日

広島原爆の日、67回目の意味

今日は67回目となる広島原爆の日。
ボルトの連覇より、私はこの記事を書きたい。

 

エネ政策「一刻も早く」=「心は共に」被災地に向け−67回目原爆の日・広島(時事通信)

原爆投下当日の模様は、こうした映像で紹介されている。

 

もう何回、原爆について書いただろう。
昨年も、以下の記事を書いた。

広島原爆の日と原発事故

原発事故で「人の住めない土地」を作った日本。
核廃絶を訴えて、説得力がどの程度あるのか。

日本の核武装論」も出てきている現在。
この種の記事を書いていて、空しくなることばかり。

しかし、「訴え続けること」が何かの役に立つのかもしれない。
そう信じて、今年も原爆の記事を書く。

核廃絶が達成される日はいつ?

****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。





posted by りゅうちゃんミストラル at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。