2012年07月07日

「苦役列車」西村賢太

「中卒の芥川賞作家」として話題になった西村賢太。
受賞作の「苦役列車」は興味深い小説だ。
   
新潮文庫 に−23−4苦役列車/西村賢太

新潮文庫 に−23−4苦役列車/西村賢太
価格:420円(税込、送料別)


だいぶ前に書いたが、素晴らしい文章は、必ずしも教養を必要としない。
野口英世に宛てた母シカの手紙と、円谷幸吉の遺書がそれを証明している。

だが、西村賢太は学歴がないだけで教養はある。
それは本書を読めば理解できる。
逆に、学校で学んだ教養以外の部分が彼の持ち味になっている。

主人公、貫太のモデルは西村自身。平和島などで日雇いの肉体労働をする。
父親が性犯罪で逮捕され、家庭は壊れる。

高校進学もしない(できない)で日給5500円という肉体労働の道へ。
孤独な毎日だが、仕事の現場で日下部と出会う。
同い年ということもあって、意気投合するのだが・・・

西村賢太は、作家として優れているのかいないのか。
それは、今後の作品による。

芥川賞は「消える」ことも多い。
ただ単に変わった作品を書く異色の作家で終わるのか。
彼には、そうであってほしくない。

この作品、映画化された。
主演は何と森山末來。共演者も前田敦子。
配役を見ると、観たいような観たくないような。

※最初、タイトルが間違っていました。
お詫びいたします。ごめんなさい。

***********************
関連記事

西村賢太の「苦役列車」を読んだ!

自堕落のどん底こそ私小説の最大の魅力。西村賢太『苦役列車』

西村賢太著「苦役列車」を読み終えて…。

***********************

****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



posted by りゅうちゃんミストラル at 07:51| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

西村賢太『苦役列車』
Excerpt: 苦役列車西村 賢太新潮社このアイテムの詳細を見る 今回は、西村賢太『苦役列車』を紹介します。第144回芥川賞受賞作。読んだ感じは私小説を思わせるような感じですね。 苦役列車:貫多19歳。港湾人足作..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2012-09-22 12:49