2012年07月04日

「勝手にふるえてろ」綿矢りさ

職場で好意を持って近づく男。
だが主人公の女性は、中学の同級生が忘れられない。
   
【送料無料】勝手にふるえてろ

【送料無料】勝手にふるえてろ
価格:1,200円(税込、送料別)


2004年「蹴りたい背中」で第130回芥川賞受賞を受賞した綿矢。
金原ひとみとの同時受賞は大きな驚きだった。

綿矢の生命線はテンポのよさ。
短い文章をそろえて、とても軽快に読める。

「勝手にふるえてろ」も同じで、2時間ほどで読めた。
正直テンポはいいのだが、ただそれだけ。

26歳の処女なら読んでいて共感するかもしれない。
男に言い寄られている女性なら、引き込まれるかもしれない。
私はまったく共感しなかった。

それってストライクゾーンが狭すぎないか?
この本は、ハードカバーなら1200円する。
図書館で読むのならいいのだが、1200円の価値があるのか、私には大いに疑問。

綿矢は天才だ。自分の才能を無駄に使う意味での天才。
それとも本ををさらに売れなくする「天災」と呼んでもいい。

現代を見つめる鋭い視線。そしてテンポのよさ。
「蹴りたい背中」や「インストール」と比較しても、これは駄作。
どうして自分の才能をもっと上手に使わない?

綿矢りさの背中を蹴りたい

***********************
関連記事

勝手にふるえてろ

『勝手にふるえてろ』 綿矢りさ/著  

勝手にふるえてろ

***********************

****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



posted by りゅうちゃんミストラル at 07:53| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
私は綿矢りささんのファンで、出ている単行本は全部読んでいます。
この作品は「夢を与える」から3年半ぶりの新作でした。
私的には「蹴りたい背中」のようなテンポの良さはなくなったものの、言い回しには「蹴りたい背中」の頃の良さが戻ったという印象を受けました。
そして今まで読んだ中で、「蹴りたい背中」以降に同作品を上回っていると感じたのは「かわいそうだね?」という作品でした。
それ以外は「蹴りたい背中」には及ばないかなという印象を持っています。
Posted by はまかぜ at 2014年12月20日 19:24
はまかぜさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

上の書評は、綿矢りさのファンには厳しすぎる内容かもしれませんね(汗)。
自分の良さを出せないと思える作家には、厳しくありたいと思っているものですから。

「かわいそうだね?」は読む予定はありませんでした。
「はまかぜさん推薦」ということで、予定に入れたいと思います。
Posted by りゅうちゃん(管理人) at 2014年12月20日 21:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「勝手にふるえてろ」綿矢りさ
Excerpt: 賞味期限切れの片思いと好きでもない現実の彼氏。どっちも欲しい、どっちも欲しくない。恋愛、しないとだめですか。片思い以外経験ナシの26歳女子が、時に悩み時に暴走しつつ「現実」の扉を開けてゆくキュー.....
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2012-09-07 16:39

「勝手にふるえてろ」
Excerpt: 今回ご紹介するのは「勝手にふるえてろ」(著:綿矢りさ)です。 ----- 内容&感想 ----- 綿矢りささんの3年半ぶりとなる新作です。 今月末に単行本が発売されるのですが、「文学界」という雑誌を..
Weblog: 読書日和
Tracked: 2014-12-20 19:26