2012年07月03日

「悼む人」天童荒太

日本各地で、亡くなった人を巡礼者のように悼み続ける若者。
この作品は、生死を真正面から見つめた秀作。
   
【送料無料】悼む人

【送料無料】悼む人
価格:1,700円(税込、送料別)


主人公は、人の死を悼む旅を続けている坂築静人。
夫殺しの女、人間性を失いつつある週刊誌のライター。
そして静人にとって最大の理解者である母は、末期がんで余命宣告されている。

直木賞受賞作ということを除いても、この作品のテーマはとても重い。
「永遠の仔」もそうだったが、読んでいてため息の連続だった。

人は忘れるようにできている。静人はその流れに逆行する旅で何を見たのか。
静人は、風車に向かう狂った騎士か。それとも人間性を取り戻すべく活動する聖者か。

この作品で、ひとつはっきりしたことがある。
それは、「靖国神社に代わる無宗教の追悼施設」なるものが存在し得ないこと。

静人は旅先で、何度も宗教との関係を問われる。
死を悼むことそのものが宗教。そう考えれば「無宗教の追悼」なんて絵に描いた餅。

新聞記事などで、事件や事故で亡くなった人のことを我々は知る。
しかしその情報は断片的でしかない。

旅先で出会った医師から、ネットで話題になっていることを知る静人。
実家に戻るかと思えば、悼む旅を続行する。

文学とは、人の存在と人生について表現するもの。
そう考えれば、この作品はまさしく文学している。

文庫本も出ているが、舟越桂の作品と赤い表紙が印象的なハードカバーを薦める。
しかも、表紙の写真は天童が撮影したものだという。

***********************
関連記事

「悼む人」 読みました。

悼む人

天童荒太「悼む人」

***********************

****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



posted by りゅうちゃんミストラル at 07:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/278631133
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。