2012年07月02日

「ひとり日和」青山七恵

「ひとり日和」は第136回芥川賞受賞作。
私は作品の世界に引き込まれた。
   
【送料無料】ひとり日和

【送料無料】ひとり日和
価格:546円(税込、送料別)


主人公は20歳でフリーターの知寿。
両親は離婚し、一緒に住んでいた母親は、中国へ長期滞在。
大学へ行くことを拒否した知寿は、70歳の吟子の家に下宿する。

以下の表現が秀逸。

「型からはみ出たところが人間、はみ出たところが本当の自分」
「いつだって、前もって予定していた別れは、予期せぬ別れよりやりづらい」

(赤字部分、「ひとり日和」より引用)

孤独な若者の心情を言葉を選んで表現した本作品は、価値が高い。
もし、この作品を「退屈」としか評価できない方がいたとしたら。
現代社会をまともに受け入れることのできない「かわいそうな方」。
大いに同情する。

文学には以下のような大きなテーマがある。

1、人とは何か
2、生きるとはどういうことか


この作品は、この2大テーマを的確に表現できている。

もし芥川賞がなければ。
こうした作品が広く世に紹介されることはない。

作品そのものの価値もあるが、芥川賞の存在意義まで証明する。
皮肉ではなく、ありがたい小説だ。

ところで吟子の本名は、荻野吟子。
日本初の女医として知られるあの荻野吟子と同じ名前。
作者の青山七恵は、渡辺淳一の「花埋み」を読んでこの名前にしたのだろうか。

***********************
関連記事

ひとり日和  

書評 『ひとり日和』 青山七恵

『ひとり日和』青山七恵(河出書房新社)

***********************

****トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



posted by りゅうちゃんミストラル at 07:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/278435445
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。