2012年06月15日

6歳未満で初の臓器移植

富山大付属病院で、国内初となる6歳未満での臓器移植が行われようとしている。
各臓器は、必要とされる患者が待つ病院へ送られる。
 

6歳未満 臓器提供へ 家族承諾、初の脳死判定 富山大病院(東京新聞)

ドナーとなった男児の両親は、以下のようにコメントしている。

「息子は遠くへ飛び立っていきました。このようなことを成し遂げる息子を誇りに思っています。私たちのとった行動が正しく理解され、息子のことを長く記憶にとどめていただけるなら幸いです」
(赤字部分、上記東京新聞の記事から引用)

私はこの両親に深い敬意を表したい。
臓器移植しか助かる見込みのない患者は子どもの患者でも多く存在している。

今回のケースがパイオニアとして記憶されるよう願う。
同時に、報道各社にはドナーの家族に対しての報道は慎重にしてほしい。

臓器移植については、批判する意見があることは私も知っている。
しかし、海外での臓器移植はイスタンブール宣言によって規制されている。

この臓器移植ツーリズムについては、以下の記事にも書いた。

米国の病院、心臓病の2歳児拒否

臓器移植での渡航自粛へWHOで決議

「必要な臓器は各国で用意する」という考えは当然の流れ。
そのために臓器移植法は子どもの臓器移植を可能にするよう改正された。
 
 

 

私も臓器移植の意思表示カードを持っている。 
今までに献血も54回した。誰かが困っているなら、その人を助けたい。

ブロガーは、こうした記事を書くのを避けているようだ。
私にとっては松田聖子の再婚よりも、こちらの記事を書きたい。

亡くなった子の死を悼みます

両親の決断を私は評価したい


***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。





posted by りゅうちゃんミストラル at 07:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。