2012年05月29日

「永遠の0」百田尚樹

零戦と太平洋戦争を描いた「永遠の0」は、間違いなく名作。
読んでいて何度も泣いた。この記事はネタばれあり。
 
【送料無料】永遠の0

【送料無料】永遠の0
価格:920円(税込、送料別)


百田尚樹の作品は、高校ボクシングを描いた「ボックス!」以来。
実は「永遠の0」がデビュー作。

この作品は、以前から読もうとは思っていた。
06年初版だが、図書館で予約待ちが多数いてなかなか手にできなかった。

終戦から60年目、健太郎は特攻で戦死した祖父のことを調べ始める。
かつて祖父の戦友たちだった人たちの話を聞く。

その結果浮かび上がる祖父の姿と太平洋戦争の狂気。
作者は多くの資料をよく読み、宮部久蔵を描いている。

天才的な飛行技術を持ちながら、生きて帰ることを最優先した男。
その生き様は、戦争という時代でありながら実に人間的。

特攻はテロなのか?
軍の狂った考えが、多くの若者を死なせる。
しかも特攻という「十死零生」の手段で。

この作品、マイナスポイントはもちろんある。
だがそのマイナスがかえって読者に訴えかける部分が多い。
私は読んでいてそう感じた。

特に、切れ者の新聞記者が「洗脳された」と主張する部分。
特攻隊員たちの遺書を行間まで読まないところ。
そして、自分の考えを泣いて悔やむという内容などリアリティーに欠ける。

終盤で、物語に2段階の引き出しが用意されていたのには驚いた。
最後まで内容を予測した読者はどのくらいいたのだろう。

自信を持って推薦できる作品だ!

***********************
関連記事

永遠の0

小説『永遠の0』と映画『さらばラバウル』が描いたゼロ戦と戦争について  

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



posted by りゅうちゃんミストラル at 07:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『永遠の0』百田尚樹
Excerpt: 百田尚樹著『永遠の0』講談社文庫、を読みました。 宮部少尉を中心にカミカゼ特攻隊を通じて戦争を描いています。 特攻隊員の思い、海軍士官の実態、マスコミの姿勢、戦争のいろいろな面が見えてきます。 映..
Weblog: あれこれ随想記 
Tracked: 2014-02-14 22:46