2012年03月02日

習っていない漢字は使わせない学校

小学校の一部では、習っていない漢字は自分の名前でも使わせない。
そんな指導があるという。
   

「習ってない漢字使うな」指導で自分の名前を書けない子供も(NEWSポストセブン)

↑この記事を読んで、私には違和感が残った。
異論を発したのは百ます計算で知られる陰山英男氏(立命館小学校副校長)。

ツイッターに、こうつぶやいた。

<最近、自分の名前であっても学校で習ってない漢字を使ってはならないと先生が指導するという。おかしい。だって名前の漢字はすべて学校で習うとは限らない。ならばいつまでも自分の名前は漢字で書けない。名前は親が指導し、学校では友達の名前を読めるように指導すべきと思う>
(太字部分、上記NEWSポストセブンの記事から引用)

私も陰山氏と同じ意見だ。
自分の名前を漢字で書けるようになる。

そこから漢字の世界は広がる。
少なくとも自分の場合はそうだった。

「書ける漢字を書かせない」という指導はすべきなのか。
私には大いに疑問だ。

小学生本人が自分の名前を書けるなら。
「交ぜ書き」せずに書かせればいい。

しかも、教員によって指導がまちまちというのもおかしなこと。
これでは生徒が混乱してしまう。

小学生の「清水」君。
「清水」と書ける彼が教師の顔色を伺いながら、「し水」と書く場面。
バカバカしいことだと私は考える。

現代の小学校は伏魔殿?

***********************
関連記事

これは由々しき問題 漢字は大事  

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



ラベル:漢字 陰山英男
posted by りゅうちゃんミストラル at 06:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

これは由々しき問題 漢字は大事
Excerpt: 「習ってない漢字使うな」指導で自分の名前を書けない子供も 2012.03.01 16:00 NEWSポストセブン <最近、自分の名前であっても学校で習ってない漢字を使ってはならないと先生が指導..
Weblog: LOOK BACK AGAIN
Tracked: 2012-03-02 23:52