2012年02月28日

奈良の警官発砲事件、2人は無罪

03年9月に奈良県で起きた、警官による発砲事件。
奈良地裁は28日、警官2人に対し無罪判決を出した。

   警察

奈良警官発砲:被告の2人に無罪判決 奈良地裁(毎日新聞)  

発砲警官2人に無罪判決 奈良地裁、正当性を裁判員が初判断(中国新聞)

この裁判は、裁判員裁判による初の付審判制度適用となった。

事件は、奈良県内の国道で起きた。
窃盗容疑で逃走中の車に、警官が8発撃った。

この銃撃でひとりが死亡。もう一人も重傷を負った。
遺族は殺人罪で告発するが不起訴になったため付審判請求。

この件で私が思い出したのは、1970年の瀬戸内海シージャック事件
船を奪い、ライフル銃を持った犯人に対し警察は犯人を射殺した。

以下の動画でその瞬間が公開されている。

  

この件で射殺した警官は殺人罪や特別公務員暴行凌虐罪で告発された。
その後不起訴処分となったが、警察官の発砲に関しては議論となった。

今回の件で、裁判長は殺意を否定。
発砲以外の手段がないとして無罪判決を出した。

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。





ラベル:無罪 奈良 発砲
posted by りゅうちゃんミストラル at 17:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

新たな意義は「裁判員裁判」(奈良の発砲射殺警官に無罪判決)
Excerpt: ひと言で言ってしまえば、「当然の判決」だと思うのですが。奈良県大和郡山市で03年、警察官が逃走車両に発砲、助手席の男性が死亡した事件
Weblog: 現代徒然草
Tracked: 2012-02-28 23:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。