2012年02月27日

汚染土の中間貯蔵、協議できず

福島第一原発事故で出た汚染土の中間施設を建設するための協議。
双葉町長の欠席で流会となった。
   
【送料無料】福島原発事故

【送料無料】福島原発事故
価格:1,575円(税込、送料別)


政府と中間貯蔵施設意見交換会 双葉町長反発し中止(東京新聞)  

中間貯蔵協議、急きょ中止 双葉町長欠席「国に不信感」(asahi.com)

双葉町長が欠席した理由。それは「国への不信感」。
情報公開も満足にできていなかった国の姿勢が問われている。

先日も、巨大津波に関する報告書の修正が電力会社の要求によって行われた。
文部科学省が折れたことになっている。

巨大津波警戒の報告書修正 電力会社の注文受け文科省(中国新聞)

話し合いを拒絶された細野豪志環境相。
彼は福島第一原発事故調査委員会の黒川清委員長と接触して注意を受けた。

細野氏 事故調と接触 両院議運委政府に注意(東京新聞)

地元が国に不信感を持つのは、今までの経緯を考えれば当たり前。
だが、事故処理のためにはどうしても中間施設建設が必要。

政府は、どうやって地元の信頼を得るつもりなのか。

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



posted by りゅうちゃんミストラル at 07:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック