2012年02月14日

「光の帝国」恩田陸

超能力を持つ一族を描いた「光の帝国」を読んだ。
恩田陸による初期の連作集。
   
【送料無料】光の帝国

【送料無料】光の帝国
価格:520円(税込、送料別)


特殊な能力を持つ人たちは、それを隠そうとする。
なぜなら、その能力を利用しようとする輩がいるためだ。

筒井康隆の「家族八景」「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」でもそうだった。
宮部みゆきの「クロスファイア」「龍は眠る」でも同じ。

多くの情報を「しまえる」一家。
空を飛ぶ能力や「遠耳」も出てくる。

恩田は今まで何度も直木賞候補になっている。
「ユージニア」「蒲公英草紙 常野物語」「きのうの世界」「夢違」。
何度も落選するのは、まるで北村薫みたいだ。

このシリーズ、続編が以下のように出ている。
夫を取り戻す戦いはどうなったのか。登場人物たちのその後が描かれる。
   

   

***********************
関連記事

光の帝国 常野物語(恩田陸)  

「光の帝国−常野物語−」恩田陸

「光の帝國 常野物語」 恩田陸

「光の帝国 常野物語」恩田陸

「光の帝国」恩田陸

光の帝国 恩田陸

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



posted by りゅうちゃんミストラル at 17:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/252191681
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「光の帝國 常野物語」 恩田陸
Excerpt: 10篇の短篇で構成される一つの世界
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2012-02-15 08:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。