2012年01月15日

「眠れる美女」川端康成

「眠れる美女」は、ノーベル賞作家、川端康成による異色作品。
   

ある宿では老人のために若い女性を眠らせて「提供」する。
江口老人はその宿でいろんな娘たちと一夜を共にする。

今で言えば「エロ小説」。
だが、川端は小説家らしく直接的な性行為を描いていない。
そこがこの作品の価値を高めている。

新潮文庫の解説は何と三島由紀夫。
「片腕」と「散りぬるを」も同時収録されている。

女性の片腕を、一晩借りで過ごすという「片腕」。
三島はこの作品を、最初発表された部分だけで終わると勘違いしていた。

黙っていればいいものを、素直にそう解説で明かしてしまうところが三島らしい。
「片腕」と「眠れる美女」が同時収録されているのは同じジャンルだから。

恥ずかしながら私は、「伊豆の踊り子」や「雪国」でさえも読んでいない。
自ら命を絶ち、すでにこの世にいない川端。

彼の作品が、今に生きる私に読みにくさを感じさせなかった。
これはすごいことだ。
機会があれば、彼の作品を読んでみたい。

追記

「眠れる美女」が不健全指定図書なのか。
検索で以下の動画が見つかったので紹介する。

  

「眠れる美女」は決して教科書には採用されない作品。
だが、既に述べたように現代にも通じる作品であることは確か。

***********************
関連記事

「眠れる美女」川端康成  

川端 康成/眠れる美女  

「眠れる美女 川端康成」

川端康成『眠れる美女』論(PDF)

↑「眠れる美女」という古典的作品を、外国人が論文に書く。
とても興味深い。

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



posted by りゅうちゃんミストラル at 15:18| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。TBありがとうございます。私はスケベなのか、川端作品を読むとそのエロティックさに強く感銘を受けてしまいます。もちろん、それだけではないのでしょうが、若いころは感じ取れなかったので、今更ながら楽しんで川端作品を読んでいます。
Posted by ヌマンタ at 2012年01月16日 20:37
ヌマンタさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

「眠れる美女」というタイトルから、私は昔話のような内容を想像していました。

ただ、今読んでも読みにくさを感じさせないのは逆に驚きです。
今後も川端作品を読んでみようかと思います。
Posted by りゅうちゃん(管理人) at 2012年01月17日 16:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/246284864
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。