2012年01月05日

「アフリカの蹄」帚木蓬生

「アフリカの蹄」は、若い日本人医師が黒人差別と天然痘に立ち向かう話。
帚木蓬生は精神科の医師でもある。
   
【送料無料】アフリカの蹄

【送料無料】アフリカの蹄
価格:700円(税込、送料別)


心臓外科分野での留学生としてアフリカに渡った作田信。
現地で黒人が人ではなく、物として扱われている現状に反発。

最新設備の病院ではなく、黒人たちの貧民街で医療活動を始める。
黒人たちの間に、奇病が流行していた。

天然痘を使って黒人たちの撲滅を図る陰謀だった。
映画「アウトブレイク」と「遠い夜明け」を思い出させる内容。


作者はアフリカに思い入れが深いようで、「アフリカの瞳」も出している。
今度はエイズと対決する。
   
【送料無料】アフリカの瞳

【送料無料】アフリカの瞳
価格:840円(税込、送料別)


今度時間があれば読んでみよう。

***********************
関連記事

帚木蓬生『アフリカの蹄』  

帚木蓬生『アフリカの蹄』

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。



posted by りゅうちゃんミストラル at 17:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/244462618
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。