2011年12月16日

「初ものがたり」宮部みゆき

宮部みゆき初期の時代小説、「初ものがたり」を読んだ。
よくできた短編集だ。
   

「お勢殺し」

醤油売りの女が殺された。
回向院の茂七はこの事件解決に走る。

「白魚の目」

毒の入った稲荷寿司を食べた浮浪児たちが死ぬ。
茂七が見つけた真相とは・・・
「人を殺してみたかった」という感覚は、江戸時代にもあったのだなあ。

「鰹千両」

鰹を千両出して買うという商人。
落語「芝浜」を思い出した。

茂七の解決方法がベストだったかどうか。
それはわからない。

双子が不吉だとして嫌われた例は、海外にもある。
それにしても双子という理由だけでわが子を捨ててしまうとは。

「太郎柿次郎柿」

霊感坊主として知られるようになった日道という10歳の少年。
茂七は、この少年を嫌う。

やはり宮部は超能力が好きだ。
ただこのエピソードは「つなぎ」としての印象しかない。

「凍る月」

商人から奉公人の行方不明と新巻鮭の紛失について相談される茂七。

「遺恨の桜」

霊感坊主の日道が、何者かによって襲われ、重傷を負う。
しかし何故か日道の両親はお上にこの件を届けようとはしない。


エピソードによって当たり外れはある。
だが、宮部の文章は切れている。

私が師走にこの作品を読んだのは偶然かもしれない。
しかし、「鰹千両」で「芝浜」を思い出したのは12月だから。

亡くなった立川談志さんが十八番にしていたのがこの「芝浜」。
宮部も人情話として「芝浜」の世界を小説に残したかったのだろう。

ところで稲荷寿司の屋台を始めた男の正体は、どうなったのだろう。
「火付盗賊改らしい」ということで謎を残しての終わりということなのか。


私は宮部作品なら結構読んでいるものの、時代小説を敬遠してきた。
時代小説で今まで読んだのは「かまいたち」くらいのもの。

だがこの内容であれば、もっと読むべきなのかもしれない。
推理に超能力、そして鰹などの季節感など盛りだくさんだ。

***********************
関連記事

続編は出るのでしょうか?

『初ものがたり』  宮部みゆき  

『初ものがたり』 宮部みゆき

***********************

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。





posted by りゅうちゃんミストラル at 17:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。