2011年12月14日

小学校のシートからセシウム9万ベクレル 

13日、杉並区の小学校で芝生のシートから基準値を超えるセシウムが検出された。
その数値は1キロ当たり9万ベクレルだった。

   目

杉並・小学校の芝生シート セシウム9万ベクレル検出(東京新聞)  

芝生養生シートから9万ベクレル=セシウム、基準10倍超―東京・杉並(ウォール・ストリート・ジャーナル)

現在、このシートは区立の施設で保管している。
環境省では、このシート1キロ当たり廃棄物1トンを混ぜれば焼却が可能としている。

1キロ当たり9万ベクレルのセシウムという値。
これは基準値の10倍以上。

福島から遠く離れた東京都区内でこの値は気になる。
燃やしてしまってもいいものなのかどうか。

つい先日も、明治の粉ミルクからセシウムが検出された。
体内被ばくを起こすといわれる放射性セシウム。
健康と安全性に対する危険性が懸念される。

杉並区の危機管理対策課は「児童の健康への影響はない」としている。
健康面での影響は、長期的に見ても大丈夫なのか疑問だ。

気になるセシウムの数値

本当に大丈夫?


***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
スパム防止のため承認制です。その場合リンクは必要とはしません。
一部、こちらからはトラックバックを送れないブログがあります。 
コメントについても承認制です。コメントする人は、まず挨拶しましょう。





posted by りゅうちゃんミストラル at 07:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。